ツタロックでグランプリ獲得 2020年注目の大阪出身幼馴染バンドPULPSとは?

PULPS


ー「クチナシの部屋」はウェディングソングですが、MVには実際の夫婦が出演されているそうですね。

大石:そうなんですよ。僕の大学の同級生と後輩なんですけど、昔からずっと付き合ってて結婚して。撮影した時から僕ももうボロボロ泣いてました。

地本:MVに出てくれてる夫婦は、結婚式をまだ挙げてなかったんですよ。なので丁度良いし、結婚式のリハーサルも兼ねて撮りました。

田井:僕が元々こういうフォークの曲が好きなんですけど、この曲は吉田拓郎さんの「結婚しようよ」みたいな曲を作りたくてできた曲ですね。

あんちゃん:この曲はフォークっぽい曲なんですけど、ギターソロでは敢えて逆のことをしたくてファズで歪ませてガツンと鳴らしてました。

大石:田井が作ってるデモも土台がいい状態で、こういう感じで作りたいなっていうイメージが伝わってくるんです。なので。邪魔はせんようにするしプラスになるようにしたいですね。



ー逆に田井さん以外の御三方は、自分で作詞作曲してみようとかは思われますか?

田井:挑戦はしてるよな。

地本:誰に聴かせるでもなく、趣味で自己完結させるような曲は作ってます。PULPSのようなフォークとかでもないので採用されないと思うんですけど、それで他のパートの人の気持ちもちょっとは分かるかもしれないので。発表するしない関係なく、作ってみるのはいいんじゃないかなって思ったりします。

田井:曲じゃないですけど、ギターのあんちゃんがプロになることを意識し始めてからは、毎日1日1リフ送ってもらうっていうのを続けてるんですよ。送ってきてくれたリフをイントロにして、その後にメロディーをつけて曲を作るっていうパターンもあるんですよね。そのイントロも削っちゃうんですけど(笑)。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE