BLACKPINK『THE ALBUM』を考察「世界最高のガールズグループが放つ自信作」

BLACKPINK(Courtesy of YG Entertainment)


歌詞がより辛辣なのは「Love to Hate Me」。この曲でメンバーたちは嫉妬深く“愚か”な元恋人を一蹴する。“何も気にすることはないよ、落ち着いて/なんで怒ってるの? 私は休むけど/私が気にかけてることはでっかいお金のことだけ”。もしまだK-POPグループがみんな物腰柔らかく控えめだと思っているなら、そのステレオタイプを見直すときだ。主体性や自信といった主題が本作に通底しており、それゆえに、アメリカの市場に食い込もうと試みる他のK-POPのアクトたちが陥りがちな、ありきたりなトラックや歌詞から抜け出している。「Lovesick Girls」は、孤独についてのありふれた嘆きを、ペンライトを乞いクラブの営業再開を願うアンセミックなダンストラックに昇華する。“お姫様にはなりたくなかった、私はお金じゃ買えないんだから/王子様なんか私のリストに載ってすらいない”と彼女たちは宣言する。




『THE ALBUM』にまつわるリリース前のバズは、アルバムに参加する著名な二人のゲストに焦点が当たっていた。セレーナ・ゴメスをフィーチャリングした「Ice Cream」はきらきら輝くポップな砂糖菓子で、タイトルどおりにデリシャスだ。一方、カーディ・Bがブレイクでラップを滑り込ませる、ライアン・テダーのコライトによる「Bet You Wanna」は、魅惑的な誘惑の言葉を、学校のなかにもうってつけなダンスサウンドの装いで届ける。彼女たちが“一晩中のハグ”や“(パートナーを)パラダイスにつれていく”ことを歌う一方で、歌詞は(カーディのパートでさえも)下品というよりは軽やか。そのおかげでBLACKPINKは、彼女たちがしばしば(不当にも)比較されたゼロ年代初頭のガールズグループに見られたようなショッキングなセックスアピールを、見事に回避している。

このアルバムにひとつ欠点があるとすれば、ただ短すぎるということに尽きる。たったの8トラックでは、盛り上がってくるかというところでパーティが終わってしまうし、そのため『THE ALBUM』を聴くともっとなにか欲しい気持ちになる。もっとガッツを、もっと実験を、そしてもちろん、8曲よりもっと多くの曲を。8曲が全部同じくアップテンポなので、これまでのバラードで彼女たちが表現してきた感情の複雑な機微を聴ければなお素晴らしかったろう。たとえば、生々しい、マイナーコードに寄った「Hope Not」(前のEPに収録された、過小評価された珠玉の一曲)であるとか、ケルシー・バレリーニ風のヴォーカルが聴ける、2016年のシングル・アルバム『Square Two』収録の「Stay」などのような(すでに述べたように、彼女たちはジャンルの縛りにとらわれるのを好まないのだ)。

BLACKPINKは聴衆に“もっと”と思わせることに長けたグループだ。この『THE ALBUM』がなにかの兆しなのだとしたら、彼女たちはきっと私たちに向けての計画やサプライズを山ほど用意しているはずだ。


From Rolling Stone US.




BLACKPINK
『THE ALBUM』
配信サイト:https://VA.lnk.to/THEALBUM

Translated by imdkm

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE