ラブリーサマーちゃんと吉田豪が語る、みんな得するインタビューのあり方

ラブリーサマーちゃんと吉田豪(Photo by Kana Tarumi)

 
2015年の『#ラブリーミュージック』、2016年のメジャーデビュー作『LSC』以来となる最新アルバム『THE THIRD SUMMER OF LOVE』が大好評のラブリーサマーちゃん。進境著しいピチピチロックギャルを、かねてから親交のあるプロインタビュアー・吉田豪が直撃!


●【画像を見る】ラブリーサマーちゃん×吉田豪 撮り下ろし写真


ー4年ぶりのアルバムが出るまでの間に何があったのかを掘り下げるのが今回のテーマです!

ラブサマ:以前「豪の部屋」(吉田豪がやっているSHOWROOMの番組)でもお話したように、以前所属していた会社とうまくいかなくなって、やり取りが止まっちゃったんですね。その後に仲直りしたんですけど、そのときに「デモが溜まったらリリースしようね」みたいな話になって。それで頑張ってコツコツ曲を作っていたんですけど、曲を作り終わっても「どうやらリリースされる気配が全然ないぞ?」っていうことで、これは自分でリリースしようと決めて。

ーその時点ではどことも契約のない状態で。

ラブサマ:そうです。それでフリーランスとしてシングルを作ったりデモを作り溜めたりしていたんですが……。


Photo by Kana Tarumi

ー通販でシングルは買ってましたよ。

ラブサマ:そうだったんですか! どうもありがとうございます。でも、アルバムを作るとなるとシングルを一枚作るのとは比べ物にならないぐらいお金かかるんです。そのお金を個人で用意するのはムリだと気づいたときに、もっと資本に頼って何か作りたくなったんですよね。それで、「作りたいなー、作りたいなー、アルバムを出せないかなー」みたいなことをワーワー言ってたら、日本コロムビアの人と飲み屋で知り合って(笑)。

ーその話、最高ですよね(笑)。

ラブサマ:本当にたまたまだったんです(笑)。馴染みの飲み屋だったので、店長が「ラブサマちゃん! この人コロムビアの人だよ!」って紹介してくれたのがきっかけで。話してみたらバンドのマネージャーをやっているらしいと。私はそのバンドを聴いたことがなかったのに、「そのバンドを担当してるんだったら、ラブリーサマーちゃんもマネジメントしてください!」ってノリで言っちゃったんです。しかも、その場ではそんなふうにクダ巻いてたのに、実はそのあとすっかり忘れてて(笑)。

ーそれぐらい酔っ払って(笑)。

ラブサマ:でも、そんな私を面白いと思ってくれたらしくて、後日ライブに来てくれました。

ー飲み屋でクダ巻いたのがプラスになったんですね(笑)。

ラブサマ:本当ですよ! 変な人もいるんですね。ある日突然「コロムビアに来てほしいです」と言われて。「え、マジ?」みたいな。「本当なのかな?」って半信半疑でしたけど、すごいトントン拍子に話が進んで。

 
 

RECOMMENDEDおすすめの記事


 
 
 

RELATED関連する記事

 

MOST VIEWED人気の記事

 

Current ISSUE