BTS、NPRの人気企画「Tiny Desk Concert」でパフォーマンスを披露

NPRの人気企画「Tiny Desk Concert」でパフォーマンスを披露したBTS

BTSは、アメリカの公共ラジオ放送 NPR(National Public Radio)による「Tiny Desk Concert」シリーズの一環として、バンドの生演奏をバックに「Dynamite」「Save Me」「Spring Day」の3曲を披露した。

ソーシャルディスタンスを保つため、ワシントンDCにあるNPRのオフィスでの出演は叶わなかったが、BTSの7人とバックミュージシャン4人で、スタジオスペースを活用してパフォーマンスが行われた。

●【動画を見る】BTS、「Tiny Desk (Home) Concert」でのパフォーマンス

全米チャートを制覇したヒット曲「Dynamite」でスタートしたBTSは、2016年のコンピレーションアルバム『The Most Beautiful Moment in Life: Young Forever』に収録されている古い曲の1つ「Save Me」を披露。

J-HOPEはパフォーマンス後、「(バンド演奏を交えたライブバージョンは)いつもと違う感じがする。とてもユニークだし、本当に久しぶりにプレイしたけど楽しかったよ」とコメント。

BTSは最後にもう一つの古いヒット曲「Spring Day」でパフォーマンスを締めくくり、コロナ禍に慰めと希望をもたらすことを願っていると語った。RMは同曲のイントロでこのように語っている。「これまでで一番辛い夏だった。でも、いつかは春がやってくる」。彼らは「Tiny Desk Concert」のYouTube初日最多視聴記録を、映像公開からわずか25分で更新した。


BTSは先週、TV番組「アメリカズ・ゴット・タレント」で「Dynamite」のフルバージョンを披露。今月初め、BTSは近日発売予定のモバイルゲーム「BTS Universe Story」の10分のトレーラーを公開した。このゲームは9月24日に全世界でリリースされる予定。

●【関連記事】全米1位のBTS「Dynamite」、歴史的ヒット曲を生んだ「下積み12年」の作曲家が語る


From Rolling Stone US.

Translated by Rolling Stone Japan

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE