ビートルズが映画『Get Back』公式本出版、『レット・イット・ビー』の真実が明らかに

ビートルズがピーター・ジャクソン監督の新作『The Beatles: Get Back』公式ブックの出版を発表(Photo by Ethan A. Russell/© Apple Corps Ltd.)


アルバムと同名映画のリリース50周年の記念プロジェクトとして、55分間の未公開レコーディング映像を託されたジャクソン監督は、恐れおののきながら引き受けたという。「昔からのビートルズ・ファンとしては、あまり気乗りがしなかった」 ローリングストーン最新号の巻頭特集で、監督はこう語った。「こう思ったよ、『すでに世に出ている映像は、これは人様に見せてもいいと彼らが判断したものだ。だとしたら、残り55分には何が映っているんだろう?』 そのあと思った、『楽しみなはずなのに、何が出てくるかと思うと恐ろしい』」

驚いたことに、想像していたよりもバンドの結束力やクリエイティビティが満載だった、とジャクソン監督は語る。公式ブック『Get Back』の序文も監督が筆をとった。「いちファンとして56時間の映像を見たとき、今までとは違うことをしたいのに、やり尽くしてしまったというバンドの姿が浮かび上がった」と監督。「彼らは同じことを繰り返したくなかった――『サージェント・ペッパー Part 2』は作りたくなかった。シェイ・スタジアムよりもデカい箱で演奏することもできないし、複雑なアルバムも、シンプルなアルバムもすべて経験済み。彼らも本当は解散したくなかったんだ、というのがよく伝わってくる。僕にとって一番印象的だったのもそこなんだ。彼らは常に前に進もうとしたが、すべてやりつくしてしまっていたんだよ」

本の紹介文の中で、イギリスの戯曲家で小説家のハニフ・カーディッシュ氏もジャクソン監督と同じように書いている。レコーディング当時に亀裂が生じたという有名な話とは裏腹に、「彼らにとっては実のある時期だった。ビートルズの傑作のいくつかがこの時期に生まれた。この映画は制作の初期段階や過ち、試行錯誤、倦怠、興奮、歓喜に満ちた演奏、そして突如道が開けて今日われわれが知る傑作を生んだ瞬間を、我々に垣間見せてくれる」

新作映画『The Beatles: Get Back』は当初、今月に劇場公開が予定されていたが、COVID-19の影響で来年夏に延期された。おそらく次の展開としては、1970年アルバムと同時に公開された――長らくビートルズ本人たちからは認められていなかった――映画『レット・イット・ビー』の劇場再上映も予想されるが、今のところ詳細はまだ明らかにされていない。

●【関連記事】『アビイ・ロード』と『レット・イット・ビー』、ビートルズのラストアルバムはどちら?


From Rolling Stone US.

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE