17歳のYOSHIが語る、ロックの本質はファンビジネスではない

YOSHI(Courtesy of UNIVERSAL MUSIC JAPAN )





─新型コロナウイルスの影響で今年予定していたプランの変更などもあったと思いますが、どうですか?

YOSHI:いろいろ決まっていた予定が飛んでしまってショックな部分もあったんですけど、言い方は難しいけど、よい面もありました。

─それはどういう部分で?

YOSHI:そもそも自分は自分自身のことが一番好きなんですね。毎日自分の本質というか、「自分ってどんな人間なんだろう?」って考えながら生きてるんです。そういう意味で、この期間に考える時間ができたからこそ、新しい自分を発見できたと思います。

あとは、コロナ以降に思ったことは海外にアプローチしづらい状況になっているからこそ、日本のマーケットでどう攻めるかということ。今までは海外を強く意識して、そのあとに日本のマーケットを考えるという順番だったんですけど、そこは変化しましたね。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE