PUNPEE、ARを駆使した2年ぶりのワンマンをレポート

PUNPEE(Photo by 横山純)


BIMが去ると、ムーディーなサウンドがフェードイン。「夜を使いはたして feat. PUNPEE」からライブが再開した。「GIZMO (Future Foundation)」ではARによってフロアに観客が出現。ライブハウスの“密”な光景が再現されたかと思いきや、リリックに合わせてタクシーが登場。ステージがナイトサファリに変貌し、突如水没し(溺れたような歌い方をする場面も)、宇宙が広がり……と、怒涛の展開を見せた。次の「タイムマシーンにのって」では、PUNPEEたちの背後に映像が映り、そこにある赤い車の形をしたタイムマシーン、海中時計などがやがてスクリーンから飛び出してくる。そうして生まれた時空間と、同じくARによって再現された板橋駅前を模した仮想空間を行き来しながら、同曲は披露された。この2曲での演出に関しては、文字で説明しても分かりづらいと思うので、できればアーカイブ配信を観てほしい。PUNPEEが自身の楽曲やアートワークを通じて表現してきた空想上の世界が、ついに現実に現れたかのようでグッときた。



「楽しくやっていきましょう。今の状況をポジティブに捉えて」というのがこの日最も伝えたかったことであろう。口調こそ軽やかだが、ショーのクオリティは圧倒的。未曾有の状況下でさえも楽しんでしまうこと。変化に対して柔軟に対応しながらも、変わらず、観衆の期待を超え、予想を覆すようなライブを届けること。そんなPUNPEEのすごさが凝縮されたライブだった。終演後もチャット欄の流れはなかなか止まらず。その様子からは、視聴者の冷めない興奮を読み取ることができた。

ライブのチケットは9月20日(日)21:00までLIVEWIRE WEBサイトで購入可能。チケット購入者は9月20日(日)23:59までアーカイブ配信を視聴することができるので、ぜひお見逃しなく。

テキスト:蜂須賀ちなみ
写真:横山純



<ライブ情報>

LIVEWIRE PUNPEE
「Sofa Kingdomcome」

開催日:2020年9月13日(日)
アーカイブ配信日時:2020年9月20日(日)23:59まで
配信チケット:2020年9月20日(日)21:00までLIVEWIRE WEBサイトで購入可能
WEB : livewire.jp

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE