King Gnu、生々しいほどにロックな配信ワンマンライブ

King Gnu



後半戦は、まさにKing Gnuの独壇場だ。どんなバンドにも真似ることの出来ない、ずば抜けたドープさを発揮する「Player X」、「Hitman」、「The hole」で解き放つ、妖しくも危険な、極限までにピュアな美しさを空間いっぱいに解き放つ。

現時点でのベスト選曲で展開されていくセットリスト。ステージ上に配置されたメンバーを狙うカメラやレール、クレーンを使った躍動感溢れるカメラワーク。ハンディカメラを駆使し、通常のライブでは撮影できない距離感でのシーンなど、絵作りにかけたこだわりは鳥肌ものだ。天井から吊るされたカメラによる、4人を俯瞰するシーンも斬新だ。

オーラスへのスイッチが入ったのが、King Gnuらしさ溢れるテーマソングのようなナンバー「Slumberland」だ。そして「⾶⾏艇」、「どろん」というヘヴィかつ、画面から飛び出してきそうな勢いを感じさせるライブ感ある楽曲たち。



ラストは、キラーチューン「Teenager Forever」の登場だ。甘酸っぱい高揚感を開放感あるギターポップ・サウンドによって解き放つ魔法めいたポップソングに、オーディエンスは解放されていく。

無観客であっても、画面の向こうにいるリスナーと時間軸を超えて繋がれるのがKing Gnuライブの凄みだ。ミュージックビデオのイメージから楽天的な雰囲気もある「Teenager Forever」だが、実はシリアスな人間関係を匂わせる歌詞フレーズに着目したい。音楽ありき。人生は一度きり。一期一会なロック初期衝動が、ひさしぶりなライブパフォーマンスとしてこれでもかとパンキッシュに炸裂していく。ラストシーンは、ステージ上に火花も上がり、井口による「画面の前の皆さん、ありがとうございました!」の一言で終了した。

King Gnu=ヌーの群れは、混沌という知性にポップという名の秩序を与え、仲間を巻き込みながらもっともっとでかくなる。2020年の夏、King Gnuの大いなる旅はまだまだ続いていく。そんな決意表明のようなライブだった。

written by ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)
Photo by Kosuke Ito



<イベント情報>

King Gnu
Streaming Live

配信日時:2020年8月30日(日) 
アーカイブ:2020年9月1日(火)24:00まで
※見逃し配信は配信終了後、準備が整い次第配信スタートとなります。お時間をいただく場合がございますのでご了承ください。
※見逃し配信はチケット購入者のみ可能です。

=セットリスト=
1. Flash!!!
2. Sorrows
3. Vinyl
4. 傘
5. It’s a small world
6. Overflow
7. ⽩⽇
8. Player X
9. Hitman
10. The hole
11. Slumberland
12. ⾶⾏艇
13. どろん
14. Teenager Forever

チケット販売ページ:https://clubgnu.com/1579516647/

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE