King Gnu、生々しいほどにロックな配信ワンマンライブ

King Gnu



無観客であることを一切感じさせない没入感の高い濃厚なパフォーマンス。会場にはオーディエンスがフロアにいないこともあり、メンバーが互いに向き合いながら演奏するというスペシャルなスタイル。中心には、通常であればライブ後方に置かれていたKing Gnuのロゴが光るモニュメントが鎮座する。次から次へと繰り広げられる、スキルフルかつ熱量の高いダイナミックなプレイ。主役4人の力量が凄まじいこともあり、まったく飽きさせないステージングに、画面越しにSNSで声援を送るオーディエンスたち。



ギターと鍵盤を自在に操る常田大希(Gt.Vo.Key.)と、ピュアネスと混沌を併せ持つ井口理(Vo.Key.)によるツイン・ボーカルの高揚感。安定のテクニカルなプレイを解き放つ新井和輝(Ba.)、ダイナミックなビートを展開する勢喜遊(Drs.Sampler)による圧巻のサウンドが繰り広げられていく。中盤、俳優としての活躍も目覚ましい井口らしさが映える「傘」、「It’s a small world」とシアトリカルなナンバーを挟み、グルーヴィーに疾走するファンキーな「Overflow」、昨年の音楽シーンを代表する国民的楽曲となったメロウにたゆたう「白日」が続く。

MCでは、ライブの凄みとはギャップある、彼ららしいわちゃわちゃとした雰囲気が魅力だ。柔らかなトークが繰り広げられていく。お互い向き合ったステージは、アイコンタクトがしやすいなど発見もあったようだ。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE