King Gnu、生々しいほどにロックな配信ワンマンライブ

King Gnu

King Gnuが、2020年8月30日にバンドとして初となる配信ライブを開催した。

2020年1月15日に発売された最新アルバム「CEREMONY」は、リリース後に控えていた全国ツアーは新型コロナウイルスの影響で開催が見送られ、実質的に今回の配信LIVEがアルバム「CEREMONY」リリース後、初のワンマンライブとなっていた。ここではオフィシャルレポートの内容をお送りする。尚、今回のストリーミングライブは、2020年9月1日24時までアーカイブが公開されている。

以下、オフィシャルライブレポートを掲載する。

King Gnu、初の配信ライブはライブバンドである魅力をストイックに追求した生々しいほどにロックな圧巻のステージとなった。本来であれば、最新アルバム『CEREMONY』を引っさげ、バンド最大規模となる全国ツアーだったこともあり、メンバーやスタッフが本公演にかける熱量は並々ならぬものがある。

オープニングは会場外の映像からはじまった。まるでライブ会場に訪れたような雰囲気。フロアは暗めでぼんやりと明かりがあるような状態。メンバー名が表示される、映画のようなクレジットが高揚感を高めてくれる。そんな緊張感あふれる雰囲気のなか、1曲目からアッパーチューン「Flash!!!」のイントロダクションが突如鳴り響く。ライブでより映えるビートの効いた「Sorrows」、跳ねるビートと甘酸っぱいメロディーが感情をアップリフトする人気曲「Vinyl」が続き、一気にギヤがフルスロットルへ入る。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE