米ディズニー・ワールドの従業員が激白「約1400円の時給で、感染のリスクにさらされる恐怖」

米フロリダ州のディズニー・ワールド。賛否両論のなか営業再開(Photo by Andy Martin Jr./ZUMA)



「フロリダでは今でも大勢がコロナで亡くなっている」

マスクを着けて働かなくてもよくなるまで、ディズニーは安全ではないと思います。すぐには(そうは)ならないでしょうね。TargetやWalmartや空港に行くときはやはりマスクを着けますし、必要に迫られて食料品を買うときはソーシャルディスタンスを守っています。ディズニーは必要に迫られて行く場所じゃありません。それに終始頭のどこかで、病気にかからないかしら、と心配しながらティーカップに乗るなんて、安心出来ません。

今、ディズニー・ワールドに行くのは不謹慎だと思います。私の同僚も含め、反論する人が大勢いるのも知っています。ですがウイルスは無くなりません。ロックダウンが行われていた時は、感染者は今よりもずっと少なかったんですよ。フロリダでは今でも大勢が亡くなっています。世界的パンデミックのさなか、テーマパークに行くことはもっとも必要でないことだと思います。自分や周りの人たち、そこで働く人たち、働く以外に選択肢がない人たちの命を危険にさらしてまでテーマパークに行く必要はありません。私たちは時給13ドル50セントで働いています。他人を顧みないゲストのために毎日身を危険にさらすのは、そんなわずかな額ほどの価値もありません。

【動画】スプラッシュ・マウンテンの題材変更、ディズニーの規制で封印された映画予告編

from Rolling Stone US

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE