ブリング・ミー・ザ・ホライズン、ダークな側面と向き合った新曲「パラサイト・イヴ」を発表

ブリング・ミー・ザ・ホライズン(Courtesy of ソニーミュージック・インターナショナル)

2020年のグラミー賞でアルバム『アモ』がノミネートされ、日本絡みのトピックではBABYMETALとの絆やTVコマーシャル出演などで注目を集めた、英国発のバンド=ブリング・ミー・ザ・ホライズン。彼らの新曲「パラサイト・イヴ」が本日配信リリースされ、同時にミュージックビデオも公開された。

同曲は、今後リリースされる予定のEPシリーズからの第一弾シングルで、完全リモートにより制作された楽曲。イギリスでロックダウンが発動後、オリーことオリヴァー・サイクス(Vo)とジョーダン・フィッシュ(Key)は、まるで距離を感じさせないような方法で、ソングライティングとレコーディングを行う術を見出した。その<新たな日常>からインスピレーションを受けて完成したのが、同曲「パラサイト・イヴ」だ。

【動画】「サバイバル・ホラー的な曲」とメンバーが語る「パラサイト・イヴ」ミュージックビデオ

オリーは曲の由来について、「『パラサイト・イヴ』は当初、サバイバル・ホラー的な曲を作りたいというアイデアから生まれたんだけど、このパンデミックが拡大し始めた時、あまりにもきわどい内容のように感じたから、一度制作を止めたんだ。でも時間が経つにつれて、この状況との関連性を感じ始めて、目を背けるよりは、このダークな側面としっかり向き合い、受け入れ、消化していくべきだと思った…『パラサイト・イヴ』は、悲しみと怒りに包まれた、僕たちの希望のメッセージなんだ」と語っている。

同曲はオリーとジョーダンに加え、ゲーム『DOOM』『DOOM ETERNAL』のコンポーザー=ミック・ゴードンもプロダクションに関わっている。大のゲーム好きであるオリーが、自らミックに依頼をし、リモート環境で共に楽曲を完成。

この曲含む、新曲の制作過程の様子を記録した動画シリーズも、BMTHの公式YouTubeで公開されている。




<INFTORMATION>


Bring Me The Horizon | ブリング・ミー・ザ・ホライズン
最新シングル
「Parasite Eve | パラサイト・イヴ』
配信中
https://SonyMusicJapan.lnk.to/BMTHParasiteEve

海外オフィシャル・サイト
http://www.bmthofficial.com 
日本オフィシャル・サイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/bringmethehorizon 

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE