withコロナ時代のエンタメの形 ドライブインシアター『CINEMATHEQUE』レポート

2020年6月13日と14日の2日間、ドライブインシアター形式の映画鑑賞イベント「CINEMATHEQUE」が開催された。


withコロナ時代における音楽・映画の鑑賞体験について田中は、「結局、現場での共有体験に勝るものはないですよね。しかし今回のように工夫を凝らして楽しんでいただける機会を提供できることは素晴らしい。各ライブハウスやクラブ、自治体が発表したガイドラインを遵守しつつお客様に楽しんでもらい、結果アーティストにも充分に還元される仕組みも作っていけるように自分も含めて業界全体で取り組んでいけたら。もともと映画のサウンドトラック盤ばかりをプレイするパーティを始めたことからFPMはスタートしているのもあり、映画のセレクトから私が担当したバージョンのイベントをプロデュースしたいなぁとか夢想します。ライブセッションやフードなども考えたりできれば」と、可能性について言及していた。

そんな田中知之がコラボレーターと共に架空のファンタジーを創り上げることを楽しむプロジェクトでもある「FPM」ではなく、初めて本名名義での作品リリースを展開している。第1弾の「Alone」は2年前から制作がスタートし、奇しくも新型コロナウイルス感染症蔓延の影響で仕上がってしまったという楽曲だ。老若男女の孤独な「Alone」という呟きが増殖していき、終盤は大河のように溢れかえるのだが、最後のセリフで救いが生まれる巧妙な仕掛けのある曲となっている。

高野寛と原田郁子(クラムボン)をボーカリストに迎えた第2作目の「Change the World Again」は、震災から9年目の3月11日、ちょうど新型コロナ禍が広がりつつあった日に、それまでずっと書けないままでいた新曲の歌詞が、まるで自動筆記のように出来上がってしまったという作品である。

パンデミックの渦中に仕上がったメッセージ性の強い本作品たちを是非チェックして欲しい。



<作品詳細>



田中知之
『Alone』

リリース日:2020年4月22日(水)
試聴URL:https://youtu.be/ZqVWhFpGu-g



田中知之
『Change the World Again feat. 高野寛 & 原田郁子(クラムボン)』

リリース日:2020年5月13日(水) 
試聴UL:https://youtu.be/BASpldQfyFs

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE