史上最高の「タイムトラベル映画」20選

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の順位は?(Photo by MCA/Universal Pictures/Courtesy Everett Collection)


9位『スタートレックIV 故郷への長い道』(1986年)

TVシリーズ、長編映画ともに、『スタートレック』シリーズはあらゆる角度からタイムトラベルを扱ったストーリーを数多く排出した。あまりにも多いので、ついに『ディープ・スペース・ナイン』では問題を正す時間調査局を登場させねばならなかったほどだ。この作品は、宇宙艦隊の時間旅行の中でも上位に入る。カーク船長とエンタープライズ号の乗組員は、ザトウクジラを未来へ連れ帰るために1980年代のサンフランシスコへ向かい、そこで20世紀の洗礼を浴びる。パンクロックにコンピューターキーボード、お会計はお釣りのないように。




8位『ラン・ローラ・ラン』(1998年)

フランカ・ポテンテ演じる真っ赤な髪のローラに、恋人から電話がかかってくる。10万マルクが入ったカバンを失くしてしまい、20分以内に見つけるか、弁償するかしなければ、組織のボスに殺されてしまうというのだ。そこでローラはベルリンの街を疾走する。自転車を交わし、交通事故を引き起こし、さまざまな歩行者のその後の運命も間に挟みながら、解決策を模索する。失敗するたび、時計は20分前に逆戻りして再びゼロからスタートする――愛、そして現金不足に突き動かされながら。




7位『オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式』(2010年)

おそらく史上もっとも笑えるタイムトラベル・ムービー。ジョン・キューザック、ロブ・コードリー、クレイグ・ロビンソン、クラーク・デュークが、スキー旅行中に1980年代にタイムスリップ。髪を逆立て、服はネオンカラー、そしてポイズンが一番人気の時代を再体験する(映画では触れられていないが、キューザックが今よりずっと人気だった時代でもある)。見どころは、時間の流れに響かぬようにとバスタブでロビンソンがセックスするシーン。妻を裏切った罪悪感で彼は涙を流すが、1986年当時、妻はまだ9歳だった。


Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE