YOASOBI、Apple Musicにて既存プレイリストの選曲を日本人アーティストとして初担当

音楽ユニットYOASOBIが選曲するApple Musicのプレイリスト「ピュア・ロマンス:邦楽」

音楽ユニットYOASOBIが選曲するプレイリスト「ピュア・ロマンス:邦楽」が2002年6月15日、Apple Musicで公開された。

“小説を音楽にする”というコンセプトで活動するYOASOBI。プレイリスト「ピュア・ロマンス:邦楽」は、抑えきれない片思い、相手を想うほど不安で揺れる気持ち、ハッピーな恋愛真っ只中など、恋愛の様々なシチュエーションにそっと寄り添い、背中を押してくれる邦楽ラブソングを2人が選ぶ、2週間の期間限定の企画が実現した。プレイリストは全25曲から構成されており、YOASOBIの「あの夢をなぞって」から幕開けし、aiko、RADWIMPS、きのこ帝国などの、恋愛をテーマにした楽曲を楽しめる内容となっている。



また、YOASONBIのコンポーザーAyaseは、プレイリストと共に楽しめるオリジナルストーリーも制作。これを書くにあたり、Ayaseは、「純粋な恋愛とは混じり気のない気持ちではなく、むしろたくさんの感情が混ざって、時に涙し、時に笑い、複雑な気持ちで相手を思うことなのではないか」という一つの答えに行き着いたという。ボーカルのikuraも、「ピュア・ロマンスという言葉を聞いて私が考えていたことと一致する部分がたくさんありました。感情が混ざったり、混ざりきらずにあふれたり…… いろんな気持ちになります」とAyaseに同意した。Ayaseの綴ったストーリーと、選曲におけるエピソードの全文はApple Musicで読むことができる。

さらに、選曲におけるエピソードもプレイリストと共に紹介されている。aiko、RADWIMPS、星野源、片平里菜、EXILEなど、今回ラインアップしたアーティストに対する思い、受けた影響、自身が音楽活動を始めるきっかけとなったルーツについて語っている。また、Ayaseは、「自分の知っている曲が目に止まって聴き始めたら、それまで知らなかった良い音楽に出会う。この機会にたくさんの方に知ってほしいと思うアーティストの曲も選びました」と、プレイリストだからこそ叶う様々な音楽との新しい出会いについても語った。

アーティストが既存のプレイリストの選曲を担当するという企画では、日本人アーティストはYOASOBIが今回初。海外アーティストでは、これまでに、ブリトニー・スピアーズが懐かしいポップソングを集めた「I Miss:2000年代ポップ」、ビリー・アイリッシュが一人で過ごす時間に楽しめる曲を選んだ「一人の時間」などが過去に期間限定で公開された。



<公開情報>



YOASOBI選曲
Apple Musicプレイリスト「ピュア・ロマンス:邦楽」

公開日:2020年6月15日(月)より2週間限定
配信リンク:https://music.apple.com/jp/playlist/%E3%83%94%E3%83%A5%E3%82%A2-%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9-%E9%82%A6%E6%A5%BD/pl.c6e485c5311d4b2c88c915cd44d200b4?ls=1&app=music

Apple Music YOASOBIアーティストページ
https://music.apple.com/jp/artist/yoasobi/1490256993?ls=1&app=music

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE