中島みゆき、浜田省吾のライブ音源秘話

中島みゆき(Courtesy of Miyuki Nakajima)


中止になってしまった中島みゆきのラストツアー「結果オーライ」

・中島みゆき / 流星

この「流星」のオリジナルは1994年のアルバム『LOVE OR NOTHING』に入っております。コンサートツアーがテーマの曲で、移動日の出来事を歌ってます。今回のツアーでは、コンサートツアーといえばこの曲だということで演奏されていました。この曲を挟んでお便りコーナーが2回あったんですね。下手と上手に分かれて。その日会場にいらしたお客さんからのお便りを紹介しながら、この曲を歌っておりました。中島みゆきさんの2016年のライブアルバム『一会』から「流星」でした。

・中島みゆき / 浅い眠り

2016年のライブアルバム『一会』からお聴きいただいております。オリジナルは1992年の『EAST ASIA』ですね。ドラマ『親愛なる者へ』の主題歌で、彼女も出演してました。「結果オーライ」のステージでその時のことも話しておりました。みゆきさんのラストツアー「結果オーライ」は、1月12日の新宿文化センターから6月5日の新宿文化センターまで、計24本を行われる予定だったんですね。本来であれば、今頃はあと最後の新宿文化センターを残すのみとなっていたはずですが、2月26日の大阪・フェスティバルホールまで8本は行われました。残りの日程は最初は延期だったんですね。28,29日の大阪公演は延期、8月になりますという日程まで出ていたんですが、4月22日にコンサートツアー自体が中止という、思っても見なかった結果に終わっております。大阪や東京、名古屋などの大都市では今まで通り「夜会」など通常とちょっと違うコンサートも含めてこれから行われると思うんですが、いわゆるワンナイトスタンド、昨日はここで移動日があって次の日は隣の県みたいな旅モノとして歌っていくのは、これが最後ということで始まったわけですね。地方のファンの方たちは、コンサート会場でお会いするのは最後かもしれない。そういう選曲だったんですよ。この「浅い眠り」は、前半4曲目だったんです。1曲目は「一期一会」で、2曲目は「アザミ嬢のララバイ」、3曲目は「悪女」。デビュー当時はコンサートツアーも組めなかった、「わかれうた」とか「悪女」でやっとツアーを組めるようになったという話をしながらその2曲を歌って、その後にドラマのエピソードを織り交ぜながら「浅い眠り」を歌うという流れだったんですね。そして、この曲のあとに歌われた曲をご紹介いたします。「糸」。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE