高橋しょう子が手に入れた、世界で一つだけのトラベルギター

オーダーメイドで入手した「blues walker」(本人写真提供)

セクシー女優・高橋しょう子の音楽連載コラム。今回はオーダーメイドで購入したギターについて、ピュアな想いを炸裂させる。

忙しい日々の中、いつでもギターの練習ができるように、ずっとトラベルギターを探していた。以前は海外や地方に行く仕事が多く、練習ができない日々が続いていてもやもやしていた。

ネットや楽器屋でトラベルギターを探して買ってみたが、スーツケースにも入らず手荷物で持っていくにも重かったり、サイズが大きく大変だった。知り合いのギタリストが買った折りたたみギターも見せてもらったが、重くて、サイズも大きく、購入には至らなかった。

コンパクトかつ、軽量で弦の張り替えをしなくて済むギターは無いかと探していたところ「blues walker」というトラベルギターを発見した。まさに理想的なギターを見つけ、購入したいと思った。だが、購入方法が分からずメールで連絡をしてみた。すると、電話で対応をして頂けるとのことで早速電話をかけてみた。

電話では製作者の方がとても丁寧に説明をしてくれた。なんと販売した人は今までに一人とのこと。オーダーメイドで一から手作りをしていると説明を受けた。

正直とても衝撃を受けた。こんな理想的で、いつでも気軽にギターが弾けるなんて夢のようなギターなのに、まだ一人しか使っていない。私が購入したら世界で2本目の所有者になる。ギターをオーダーメイドするのも初めてだが、まだ知られていないギターを手にするワクワク感がうれしかった。

早速、制作を始めてもらった。木の材質やフロントピックアップの有無、ペグやブリッジなど、デメリットを教えてもらいつつ自分で選択をしていった。またボディの色も可愛い白色にしてもらった。

こんなにも選択肢が広く、いろいろとこだわれるのにはびっくりした。制作が進む度に動画で確認をした。徐々に形になっていく様に、喜びと期待が膨れていった。

そして遂に完成したとの報告を受け、受け取りに行った。

小さなハードケースを作ってくれていて丁寧に運んで来てくれた。中を確認すると、まるで宝箱を開けたかのような感動に包まれた。とても大切に愛情を込めて作ってくれたのが伝わった。

このギターで何を弾こうか、どこに行こうか、たくさん練習して上手くなりたい。

そんな気持ちになった。

初めてギターを手にした日のことを思い出させてくれた。

「blues walker」は、テレキャスターに限りなく近くフレット数も21フレットと、こだわりがあるのが魅力的なギターだ。ギタリストが誰も持っていないのが不思議になるくらい、素敵なギターだと思った。

世界でーつだけのギターは、一生涯共にしたいパートナーだと思った。

【画像】セクシー女優・高橋しょう子が語る「究極のコミュニケーション」のあり方(写真8点)

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE