PassCode高嶋楓が語る、グループの安定感担うひたむきさ

PassCodeの高嶋楓(Courtesy of USM JAPAN)

PassCodeメンバー個別インタビューのラストを飾るのは高嶋楓だ。

高嶋自身、「体力はある方だと思う」「安定感を出していきたい」と語っているように、派手さはないものの、彼女の存在もまたPassCodeのステージを支える上で絶対に欠かせないピースのひとつとなっている。彼女が持つふんわりとした独特な空気感に多くのファンが虜になっていく一方、柔らかな笑顔の裏で彼女もまた自身のさらなるレベルアップのために努力を重ねている。

インタビューの最後、彼女は普段あまり表に出すことのない力強さを我々に示してくれた。大阪・堺にあるちっぽけな事務所から始まった4人のストーリーは、これからさらに光を帯びていくのだ。

【動画】チャート首位を獲得したPassCode「STARRY SKY」ミュージックビデオ

―この自粛期間はどんなふうに過ごしてますか。

家でできることを始めようと思って。最初の頃はドラマを観たりゲームをするだけだったんですけど、最近はPassCode以外の人の曲で踊ってみようと思って練習したり、あとはベースを始めてみたり(笑)。

―ベースを始めたのはなぜ?

一昨年のツアーで、MCをつなぐためにバンドをしようってことになって高嶋がたまたまベースをやることになったんですけど、そこで「ベース、ちょっとカッコいいかも」って思うようになって、それまではベースをちゃんと聴くことがなかったんですけど、それをきっかけに重要視するようになって、このタイミングでノリで始めてみました。

―じゃあ、ベースを買ったんですか。

買いました(笑)。めちゃくちゃ安い初心者セットみたいなのを買って、ちょっと練習できたらいいかなぐらいの感じで。

―実際に練習してみてどうですか。

私、リズムが苦手で、ベースはリズムが大事だから大変な楽器だなって思いました。

―ベースの聴き方って変わりました?

そうですね、今まではベースを中心に聴くことはなかったんですけど、自分で弾くようになってからは「あ、こういう感じで弾いてはったんや」って新しい発見があります。PassCodeの曲は全然弾けないですけど。

―でも、うまく弾けないとしてもベースの聴き方が変わるだけでパフォーマンスにもいい影響が出そうですね。

なんで今までベースをちゃんと聴いてこうへんかったんやろって後悔してます。カッコいいですよね。

―なんだか有意義に過ごしてますね。

そうなんですかね。「もっと何かやらなきゃ!」って感じでいろいろ始めたから、最初は全然有意義に過ごせてなくてずっと焦ってました。

―ライブができないことは別として、かっぴさん(高嶋の愛称)は根がインドア気質じゃないですか。だから、こういう生活もあまり苦ではないのかなと思ったんですけど。

みんなも家にいるからこそっていう安心感はありますけど、この期間が長すぎるとちょっと苦になってきますね。でも、「ライブができない!」ってずっとウジウジしてたら時間がもったいないからいろんなことに挑戦できてるし、自分についてもグループについてもいっぱい考えられるから大切な時間になってるなって思います。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE