miletが語る現在までの集大成、坂本龍一からの学び、愛の言葉と心の支え

milet(Courtesy of SMEレコーズ)

ファン待望の名曲「Parachute」

ーここからはアルバムの新曲について聞かせてください。まずはライブでお馴染みの「Parachute」がいよいよ音源化。僕もそうだし、ファンはみんな喜んでると思います。

milet:いろんな人からそう言ってもらえて嬉しいです。やったーって感じ(笑)。私もずっと出したかったんですけど、大舞台で発表したい気持ちもあって。だから今回、2曲目にもってきたんです。

ーそれだけの名曲ですからね、間違いなく。

milet:まだデビュー前、曲作りを始めたばかりの頃にできた曲ですけど、ほとんど形を変えず、歌もほぼ当時のまま。2年間も温めていたのに新曲として差し支えないクオリティで、それは自分でも凄いと思います。



ーmiletさんの歌にある“行き場のない”フィーリングがサウンド面でも表現されていますよね。不安定に揺れ動きながら、サビに向けて少しずつ高揚していく感じ。

milet:この曲を作ろうとなった時点で、イントロのリフはすでに出来上がっていて。私のなかで世界観もパーフェクトに描かれていたから、あとはそのファンタジーに現実感を匂わせようと考えつつ手を加えていきました。私はキックの音が好きですね。もっちりしていて厚みもあるけど、どこか乾いていて人間味がある音だと思う。

ーサビはまさに、パラシュートが落下していくかのようです。

milet:そうなんですよ! この曲はサビがずっと浮かばなくて。AメロとBメロはメチャクチャいいのに、どうしてもサビがしっくりこなくて「この曲ダメじゃない?」ってなりかけたんですけど、最後にもう一回捻り出そうとなって、「パ〜ラシュ〜ッ」って振り付きで歌ったらうまくいったんです(笑)。

ーいい話(笑)。“救いなど求めない”と歌っていたり、これまた「一人」の強さを感じさせる歌詞ですね。

milet:たしかに強い。私、上から目線な曲が多いんですよ。

ーどういうことですか(笑)。

milet:この曲では、相手を試しているんです。「私と一緒に落ちてくれる?」ではなく、「私と墜ちる覚悟があるならついて来なよ」という感じ。ファンのみなさんも試しています(笑)。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE