アトランタの気鋭ラッパー、ガンナが語る『WUNNA』と自分らしい生き方

ガンナ(Photo by Spike Jordan and Maxime Quoilin)

アトランタ出身のラッパー、ガンナ(Gunna)が大ヒット中の最新アルバム『WUNNA』について、パンデミックにどう対処しているか、行く場所もないのにがっちり身なりを整える理由を語る。

ガンナは、次のアルバム『WUNNA』でリスナーにワンナのことを紹介するつもりでいる。ワンナは発音しやすいとは言い難いフレーズ(“Wealthy Unapologetic Ni*gga Naturally Authentic  金持ちの悪びれもしないニガー、生まれながらのホンモノ”)の頭辞語であると同時に、彼の星座に基づいたオルター・エゴでもある。アルバムのカバーでは、このガンナの新たな分身はピクサー映画にでも出てきそうな宇宙人の格好をし、ブロンドのドレッドロックスをなびかせ、とろんとした眼差しをしたまま、占星術のチャートのなかに吊り下げられている。そんなワンナが見る者を見つめ返す様子は、心がざわつくようでも、滑稽でもある。私たちの知らない何かを知る、キマってしまった一コママンガのようだ。


5月22日にリリースされた『WUNNA』にはヤング・サグやリル・ベイビー、トラヴィス・スコット、ロディ・リッチも参加

●【画像】現代のロックスター的存在、トラヴィス・スコットの日常(写真7点)

二つ名というのはラップにおいてさして珍しいものではない。エミネムにはスリム・シェイディがいるし、T.I.にはティップがいる。フューチャーがつくりだした人格の数々があればウータン[・クラン]くらいの大きさのグループを始められるだろう。電話越しに聞くかぎり、ワンナとガンナの違いは、ガンナのほうがリラックスする余裕があるというところのようだ。アトランタのどこかでガンナは自己隔離生活を送っていて、世界のほかの場所と変わるところはない。スタイル上の先駆者であるヤング・サグの影から抜け出すのに数年を費やしたのち、彼は自分の実力だけをたのみに絶えずツアーに明け暮れるアーティストへ成長し、独力でストリーミングをまわすまでになった。フェスのラインナップやクラブイベントに刺激が欲しい? なら呼ぶべき奴はわかってるはず。ラップアルバムに客演が要るなら、ガンナはいつだって頼りになる奴だ(もし駄目だったら彼の教え子も頼りになるだろう[訳注:リル・ベイビーのこと])。2020年だけでも、ガンナはリル・ウージー・ヴァート、ミーガン・ジー・スタリオン、ナヴ、カミラ・カベロの作品に参加。モヤモヤした気だるいデリバリーで彼らをアシストした。

ガンナがニューアルバムに――更に言うと、彼のファンたちに――なににもまして望むのは、シンプルにこんなことだ。「しばらくここにいるつもりだ、ってみんながわかってくれたらいい」。「だから俺に慣れておいてくれ」。



ーこのパンデミックのあいだどう過ごしてました?

ガンナ:かえって家でいろいろまとめる機会になったよ。だからほんとに有意義な時間を過ごせた、この時間を有意義なものにできたね。

ーアトランタはどうですか? いつもどおりに戻りつつありますか? ショッピングモールは開いてるって聞きましたよ。

ガンナ:深刻な状況だと思ってる。とてつもなく深刻。だから外出はしてない。モールになんか行きやしないよ。俺はまだ隔離期間中だ。見た目ほど安全じゃないのはわかってる。いつもどおりに戻るなんてまだ思えないよ、そう訊かれてもね。

ー隔離期間中に見て一番よかったものは?

Netflixを見てた。見たのは 『オザークへようこそ』と『ブラックリスト』。腰を下ろしてきちんと映画を見る機会なんてほんとになかったんだ。久しぶりだった。それだけでも楽しかったな。


Translated by imdkm

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE