元ディズニーの幹部、TikTokのCEOに就任

米ディズニーの4大部門のひとつであるウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナルの責任者を務めたケビン・メイヤー氏 Damian Dovarganes/AP/Shutterstock

有料動画配信サービスのDisney+とESPN+のローンチを成功へと導いたケビン・メイヤー氏が、6月からTikTokのCEOに就任する。経験豊富なメディア業界幹部を引き抜いたことから、ショートムービープラットフォームアプリを運営するTikTokの真剣さが垣間見える。

米現地時間5月18日、TikTokを運営する中国ByteDanceが発表したところによると、長年にわたって米ディズニーの幹部を務め、有料動画配信サービスのDisney+とESPN+の立ち上げを成功させたケビン・メイヤー氏が同社を退社し、米TikTokのCEOに就任することが明らかになった。

メイヤー氏を迎えたことは、TikTokにとって大きな一歩である。なぜなら、メイヤー氏を獲得したことでByteDanceは動画配信という競争の極めて激しい世界の舵取りをしてくれる経験豊富な幹部を手に入れたのだ。同社の狙いは、Z世代に人気の駆け出しの動画プラットフォームを影響力あるメインストリームメディアへと押し上げること。メイヤー氏はCEOのみならず、同社のCOO(最高執行責任者)も兼任する。メイヤー氏は6月1日から同職に就く予定で、創業者チャン・イーミン(張一鳴)CEO直属となる。

米ディズニーの4大部門のひとつであるウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナルの責任者として、メイヤー氏はDisney+の立ち上げを成功へと導いた。ディズニーによると、同サービスの契約者は5月の時点で5450万人を超えている。メイヤー氏は、スポーツ中継のライブストリームやオンデマンド配信を行うESPN+の立ち上げ責任者でもあり、両サービスを動画配信大手Huluと統合させた立役者でもある。15年にわたってディズニーのトップに君臨したボブ・アイガー氏が2月に退任を発表した際、後任候補としてメイヤー氏の名も挙がっていた(最終的にディズニーはボブ・チャペック氏を後任CEOに任命)。

「ByteDanceの優秀なチームに加わることができてワクワクしています」とメイヤー氏は声明を発表した。「ほかの人々と同じように、私はByteDanceが独創的で前向きなオンライン・グローバルコミュニティというTikTokの極めて貴重な要素を育む姿に圧倒されてきました。ByteDanceが成長を続け、製品を世界の隅々へと広げるための次期フェーズの舵取りをサポートできることに興奮しています」

メイヤー氏の退任を発表したディズニーは、同氏の後任としてベテランのレベッカ・キャンベル氏を迎えることを明らかにした。

「(メイヤー氏は)我々の動画配信サービスのラインナップを充実させるにあたり、責任者としてすばらしい仕事をしただけでなく、世界的に大成功を収めたDisney+の立ち上げに必要なクリエイティブ面ならびに技術面での資源をひとつにまとめ上げてくれました」とチャペック氏は言う。「私はケビン(・メイヤー)とともに長年シニア・マネジメントチームで働いてきましたが、彼のサポートと友情には感謝してもしきれません。これからも彼にはすばらしい成功が待っていることを期待しています」。

新型コロナウイルス感染がアメリカにおいて爆発的に広がって以来、TikTokのユーザー数は急上昇している。モバイルアプリケーションデータ分析を行う米Sensor Towerによると、2020年3月31日までの第1四半期にTikTokがiOSならびにAndroidアプリストアからダウンロードされた件数は3億1500万回だった。同社いはく、これは四半期にひとつのアプリがダウンロードされる件数の最高記録である。



新しいアーティストの発掘はもちろん、ヒット曲を生み出す手段としてもTikTokは音楽業界において避けては通れない存在へと成長した。記録破りのヒット曲「Old Town Road」によってリル・ナズ・Xを大成功へと導いただけでなく、さらに最近ではドジャ・キャットの「Say So」やミーガン・ジー・スタリオンの「Savage」といったトップチャートの常連などはすべて、何百万件ものTikTok動画で取り上げられている。

「成功するグローバルビジネスの育成において豊富な経験を持つケビンは、世界中のユーザーのクリエイティビティを刺激するという我々の使命にうってつけの逸材です」とイーミン氏はコメントした。「エンターテイメント業界における世界屈指の幹部であるケビンは、ByteDanceの製品ラインナップをさらなるレベルへと押し上げるのに最適な人材です。グローバル展開に向かってケビンと密接に働き、ByteDanceの物語の新たなチャプターを作っていくのを楽しみにしています」。

・世界最大の音楽企業ユニバーサル、音楽ストリーミングの成長が鈍化 救世主はTikTokか?

Translated by Shoko Natori

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE