BiSHモモコと篠塚将行のむき出し対談「傷つけられたままで終わりたくない」

左からモモコグミカンパニー、それでも世界が続くならの篠塚将行(Photo by Takuro Ueno)



それでも世界が続くならの音楽は、安心して息ができる私だけの居場所(モモコ)

モモコ:不安になったとき、苦しくなったときに、それでも世界が続くならの曲を聴くと、そのままでいいよと思えたというか、安心して息ができる私だけの居場所ができた気がして。誰もわかってくれないけど、それでも世界が続くならの音楽にはわかってもらえるって。

篠塚:嬉しいです。僕は自分の曲を暗号みたいな感じで作っていて、説明的な言葉を極力省く。「こんなことがあったから苦しいんだよ」とは言わない。その苦しさがわかる人じゃないと伝わらないように書いてる。わからない人にわかってもらう必要はないというか。だから、気付いてくれたことが嬉しい。

モモコ:たしかに、そういう感情を感じた人にしかわからない音楽なんだろうなっていうのはすごく思います。どこにも行き場がない感情ってあるじゃないですか。そういうときに救ってくれるというか。

篠塚:行き場所がない感情ってあるよね。音楽は好きだし作るのも書くのも好きなんだけど、実はバンドに向いてないんじゃないかって思うことの方が多くて。僕は自分に関する意見とかあまり無視できないんですよ。反対意見も気にしてしまうし、一方で賛同してくれる人からの意見はすごく支えになるけど、結局自己否定してしまって、勝手に孤独になる癖があって。モモコちゃんの本(『目を合わせるということ』)を読んだときに、この人はすごく愛があっていい子だなって思うと同時に、孤独なんだろうなとも思った。

モモコ:めちゃくちゃ孤独だと思う。

篠塚:そうだよね。どんなに大きな輪の中にいても、ずっとこの人は一人ぼっちなんじゃないかなって気がして。なんかあるじゃない。仲良い友達といても、なんか入り込めないときとか。

モモコ:そうですね。けっこう感じたことありますね。

篠塚:BiSHの横アリで「JAM」を聴いたとき、モモコちゃんが歌詞を書いてるってそのときは知らなかったけど、孤独で、でもそれをちゃんと抱えてて、人間らしくて、すごくいい曲だなって思ったの。

【動画】「JAM」のミュージックビデオ

モモコ:「JAM」は自分の部屋の片隅で書いた歌詞なんです。私がすごく孤独を感じていたときに話を聞いてくれた人がいて、そのおかげで救われて生きていてよかったと思った。私が一番になりたいわけじゃなくて、私を支えてくれたその子に一番になってほしいと思って書いたんです。

篠塚:そっか。横アリであの曲を初めてちゃんと聴いて、そのときの光景も含めてすごい衝撃的で。ああいう、自分じゃない誰かを主役にする言葉を、こんな大きな会場で歌ってくれる人がいるんだって思って、自分は本当に衝撃を受けたんです。

【画像】モモコと篠塚将行が「本物」について深く語り合う(写真6点)

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE