LOW IQ 01の青春時代「音楽で飯を食っていきたいと思った1986年」

LOW IQ 01


ードラマはどうでしょう。

やっぱり『男女7人夏物語』、『あぶない刑事』だよね。『あぶない刑事』はもう何回見たことか。リアルタイムでも見たけど、高校生になってからの再放送も覚えている。夕方4時に始まるわけよ。溜まってた先輩の家から家に帰ると大体『あぶない刑事』がやってた。

ー『あぶない刑事』は、印象に残ってるシーンとかエピソード覚えています?

うーん、勝俣州和さんが危ない役で出てたの覚えてるな。CHACHAが始まる前の駆け出しくらいの頃だと思う。あと舘ひろしさんがポカリスエットのCMをやってて、柴田恭兵さんがポッカのコーヒーのCMやってたのよ。それで、ドラマの中で柴田恭兵さんがポカリスエットを飲むっていうユーモアを効かせたシーンがあったのをすごい覚えてるね。あとカオル役の浅野温子が最強の時期だよ。1988年に『抱きしめたい』っていうトレンディドラマが出るけど、その前に浅野温子最強説が俺の中で出たのよ。

ー1986年は明石家さんま最強説と浅野温子最強説がイチさんの中で生まれた年だと(笑)。

俺が15,16歳くらいの時だし、世の中はバブルだよ。俺がバブルを感じ始めたのはこの時期かな。1986年って俺の中では1980年代の中で1,2番を争う面白い年だった。1984年最強説は中2だったんだけど、1986年は高1で何も考えずに遊んでた時期かな。受験も終わったし楽しかったね。1986年の夏もすげえ楽しかった。

ーなにかエピソードはありますか?

1986年の夏に『ビー・バップ・ハイスクール』の映画2作目があって、今の渋谷のビックカメラの辺りの映画館に行って先輩とオールナイトで観て、そのまま逗子の海に行ったんだよ。ヤンキー全盛期の時代なのに、俺らはピンクのモヒカンとか緑の髪で行ったから、ジロジロ見られたね(笑)。当時はまだそういうカラーも珍しかったからさ。その時にニュートラとか着てるヤンキーが近寄ってきて、絡まれるのかなあと思ったら「お兄ちゃん達すげえ頭してんねえ」って言われたのすごい覚えてる(笑)。



ーこの頃って、パンクスよりもヤンキーである方がモテてたんですかね?

まだギリギリそうだったかな。ここから地方に短ランボンタンが広まっていくんじゃないかな。渋谷辺りではブレザースタイルになってきて、変わってきてる感じだったかな。

ーでは最後に、イチさんにとって1986年は総括するとどんな年でした?

1986年に新宿JAMで初めてライブハウスでライブやって、「あ、俺バンドでやっていくんだ」って思った年だね。その前までは楽器を弾き始めたって感じだったけど、1986年が音楽で飯を食っていきたいと思った年だった。高校も行かなくなったし風天だったけど、音楽でやっていこうって思ったのは1986年かな。あとは中学3年生から高校1年生って大人への更なる一歩だよね。同級生もいたけど、どっちかというと先輩にひっついて本格的に音楽を知れた年。楽器の扱い方とかもそうだし、音楽の先輩の姿を見てたから。初ライブをやった年。高校を辞めた年。無免許で捕まった年。色々あるけどこんな感じかなあ。



<ライブ情報>

LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS
(B.Vocal:LOW IQ 01 G.Cho:フルカワユタカ Dr.Cho:山﨑聖之)

=ツアー日程(振替公演日程)=
2020年9月17日(木)仙台MACANA
2020年9月18日(金)福島Out Line
2020年9月24日(木)千葉LOOK
2020年9月25日(金)西川口Live House Hearts
2020年9月30日(水)水戸LIGHT HOUSE
2020年11月1日(日)静岡UMBER
2020年11月26日(木)岡山CRAZY MAMA 2nd Room
2020年11月27日(金)福岡Queblick

チケット料金:前売3500円(税込み)D代別・オールスタンディング

LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS +
(B.Vocal:LOW IQ 01 G.Cho:渡邊忍(ASPARAGUS) G.Cho:フルカワユタカ Dr.Cho:山﨑聖之)

=ツアー日程(振替公演日程)
2020年11月9日(月)渋谷WWW X
2020年11月18日(水)心斎橋Music Club JANUS
2020年11月19日(木)名古屋BOTTOM LINE

チケット料金:前売4000円(税込み)D代別・オールスタンディング

チッケット払い戻し情報は公式サイトにて
LOW IQ 01公式サイトイベント情報:http://www.lowiq01.jp/live

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE