LOW IQ 01の青春時代「音楽で飯を食っていきたいと思った1986年」

LOW IQ 01

LOW IQ 01のインタビュー連載企画「イッチャンの青春時代」。1985年を振り返った前回に続き、第4回は「1986年編」。高校に進学してすぐ先輩バンドのローディを始めたイッチャンが過ごした1986年とは? 当時の世相とともに語り尽くします。

ーイチさんの1986年の全体的な印象を教えてほしいんですけど、当時は中学3年生でしたっけ?

1月からは受験真っ盛りで、4月から高校1年生になる年でした。高校はどこか受かればいいやと思っていたけど、推薦も落ち、私立高校は全落ちで。しかも大事な時期に通知表もオール1だった(笑)。僕らの時代は生徒が多くて、高校に行けない奴は学年に5人くらいいたけど、その中でも俺は定時制に行けたんだよね。でも、高校に入学したと同時に先輩のローディを始めて、夏休み前には学校にも行かなくなった。ケンタッキーで3日間だけバイトしていたけど、俺の高校生活で一番偉い3日間ってのは、ケンタッキーで働いて高校に行って先輩の手伝いをした3日間だけ(笑)。それが16歳の時に一番頑張った出来事かな。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE