スパークスのロン・メイルが語る隔離生活「こんな時こそ音楽の重要性を実感できる」

スパークスのロン・メイル(Photo by Adela Loconte/Shutterstock)

世界中が新型コロナウイルスと闘うなか、米ローリングストーン誌はお気に入りのアーティストたちが前代未聞の状況をどのように過ごしているか知るため、自主隔離に関する質問を投げかけた。今回はスパークスのロン・メイルからの回答を紹介。バンドの最新アルバム『A Steady Drip, Drip, Drip』は、5月15日よりデジタル配信を開始する。

●スパークスの最新MVとプレイリスト



ー予想外の空き時間を自宅でどのように過ごしていますか?

ロン:最初の1〜2週間はなんだか麻痺状態だった。何かをやりすぎないようにするのが難しかったんだ。でも、もう大丈夫。作曲も始めたし、あらゆるものを覆うモヤモヤしたものを乗り越えようとしている。

毎朝、目覚めてからの5分間はずっと「起きろ、お前ならできる」と自分に言い続けている感じかな。なるべく体を動かすようにしているよ。日本製のマスクをつけて散歩に行き、帰宅したら午後は少し曲を書く。そのあとはPostmates(米フードデリバリーサービス)でオーダーした食事をとりながらCriterion Channel(米ストリーミングサービス)でかなりの本数の映画を観るんだ。

それ以外にも、世界中のハンドサニタイザー(手指消毒剤)のコレクション動画をつくったよ。自分でも理由はわからないんだけど、旅先ではかならずハンドサニタイザーを集めているんだ。現在の状況を象徴するようなことになってしまったのは残念だけどね。

この投稿をInstagramで見る

S P A R K S(@sparks_official)がシェアした投稿 -


ー困難な状況下では、どのような音楽に慰め・癒しを求めますか? 理由も教えてください。

ロン:さまざまなレベルで受け止められる音楽が好きだな。そこに感情がある限り。マイルス・デイヴィスなんかいいね。たったひとつの音に幅広い感情が込められているから。こういうものは本当に心に響くんだ。ヒューマンな感じでインスピレーションを与えてくれる。

ー本または映画はどうですか?

ロン:コロンビア映画のノワールものをいくつか観ているよ。こういう映画って、一種の暖かいブランケットのような存在なんだ。記者会見を観たくない気分の時に心を癒し、温めてくれる。

この投稿をInstagramで見る

Beat the self-isolation clock with Russell’s ’Sparks Exercise Class’  #stayathome #saferathome

S P A R K S(@sparks_official)がシェアした投稿 -

ロンの弟、ラッセル・メイルはスパークスの名曲「Beat The Clock」に準えたエクササイズ動画をアップ

ーいま、ファンに伝えたいことはありますか?

ロン:言葉で表現するのはすごく難しいけど、アルバムをリリースできること——インスパイアする、という言葉通りの特別な方法ではなく、もっと全体的な感じで人々に霊感を与えられる強い音楽ステイトメントを持てたこと——がすごく嬉しいんだ。私たちは人々の気分を高揚させることを目的に掲げているわけではないけれど、音楽全般は人々に深いインパクトを与えられる。だから、私からのメッセージは言葉じゃない。誰かしらに何らかの影響を与えられるようなものを提供できるよう、全力で取り組んでいるってことかな。

私たちの音楽でもいいし、好きな音楽であれば何でもいいから、音楽に熱中してみてほしい。こんな時だからこそ、音楽の重要性を改めて実感できる。

●メルヴィンズのバズ・オズボーンが語る外出自粛中の過ごし方「パニックにならずにいこう」

Translated by Shoko Natori

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE