米テキサスの医師、トランプ大統領推奨の未承認薬「抗マラリア薬」を新型コロナ患者に投与

抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」の瓶を片手に米テキサス州、テキサス・シティの高齢者福祉施設、ザ・リゾート・アット・テキサス・シティの前でポーズを取るロビン・アームストロング医師・院長。(Photo by David J Phillip/AP/Shutterstock)


「これはほんとうに由々しき事態です」と米メリーランド州ボルチモア・カウンティにあるメリーランド大学の医薬品化学者キャサリン・シーリー=ラッドキ博士は述べた。

「この件の問題点は、正当な科学的手順を踏んでいないことです」とシーリー=ラッドキ博士は言った。「管理されたやり方でもなければ、厳しい検査規程にもとづいておらず、しかるべきガイドラインにも準拠していません」。

「大統領をはじめとするすべての人が(検査などのプロセスは)大した問題ではないと考え、この薬を飲んでいることにただただ驚いています」と博士は言い足した。

大統領、ヒドロキシクロロキン、アームストロング医師の「研究」の欠点だらけの方法論に関するシーリー=ラッドキ博士の見解は正しい。免疫学者で米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の所長を務めるアンソニー・ファウチ医師をはじめとする医療スペシャリストがヒドロキシクロロキンの効果に関する事例証拠を受け入れることに警鐘を鳴らし続けてきたにもかかわらず、米NBCの言葉を借りれば、トランプ大統領はヒドロキシクロロキンを熱心に勧める「テレビショッピングMC」のように使用を推奨しているのだ。これは危険なことである。それだけではない。FDAによると、すべての臨床試験は、厳格なガイドラインを順守しなければならない。人権保護とプライバシー保護に関するインフォームド・コンセント(説明を受け納得したうえでの同意)もそのひとつだ。さらに、人体を使用した試験は、安全性かつ倫理的であることを保証するため、施設内倫理委員会(IRB)によって承認されなければならない。

アームストロングと彼の高齢者福祉施設に関して言うなら、NPRは施設を調査し、その結果が安心させられる内容とは程遠いと述べた。2019年7月に最後に調査が行われた際、14件の違反を指摘されているのだ。そのなかには、安全基準に準拠していない建築デザインと、調理場やほかのエリアでの衛生問題も含まれていた。さらに、報告書は「同施設は、特殊なサービスを必要としている入居者に適したケアを提供していません」と主張し、高齢者福祉施設であれば本来は問題なく対応しているべき衛生面でのニーズをいくつかリストアップした。

・米国立アレルギー・感染症研究所の所長が語る、新型コロナが「史上最悪」の伝染病である理由

Translated by Shoko Natori

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE