松隈ケンタ、Buzz72+再始動を語る「BiSHをはじめ、いろんなことが過去と現在で繋がってる」

13年ぶりに再始動したBuzz72+


ー13年の間、2人はボイストレーナーとアイドルの楽曲プロデュース業と、それぞれバンドと別のことをやられてきましたよね。

松隈:僕にとって、当時は Buzz72+が全てだったんですよ。またこの4人でやりたいっていう想いはずっとどこかにありました。あとは、BiSHらのプロデュースとかSCRAMBLESを通して、僕の中のロックは表現できるようになった今だからこそ、Buzz72+をまたやりたかった。昔は自分のロックを表現できる場所をBuzz72+に求めていたけど、今はこのメンバーで合わせて多少ずれていても、かっこいいじゃん! ってBuzz72+の良さが改めて分かったんですよ。そういう意味でも、バンドとプロデュース業っていうのは別ですね。

―松隈さんは、Buzz72+に関しては違う、もっと自分の中のピュアな部分でやっているのかなって思うのですが。

松隈:やっぱり昔は、自分たちを表現して売れたい、スターになりたい想いがあったんです。でもそれぞれがBuzz72+を離れた後に、それに代わるものに出会わなかったのかな。だから違う方向にフィードバックしたのかもしれない。

井上:それぞれがたくさん学んできてやっと分かったんですが、俺たちが松隈の部屋で宅録していた頃と今やっていることってそんなにブレていないんじゃないかな。当時はそれが分からなかった。あの当時わからなかったことが今は理解できる。こういうことを他のバンド仲間に話すと、すごく共感してくれるんですよ。



ー松隈さんはBuzz72+が究極のアマチュアバンドだと他の記事で仰っていましたが、この形容がすごくぴったりだなと思うんです。アマチュアバンドならではの人間関係の面白さもあるし、生活と直結してる感じ、時間を経て集まってまたやれる感じとか。

井上:そうですね、今はすごくバンドメンバーに会うのが楽しみです。昔はいつも怒られるから会いにいくのが怖いなって思っていたんですけど(笑)。

松隈:上を目指すということは美しくもあり、どこか無理することがたくさん出てくるんです。Buzz72+も色々な方に手伝ってもらっているんですけど、やっぱりメーカーから出してしまうとギクシャクしてしまうと思ったので、今回は4人の意見だけで曲順とか収録曲、リリースまで決めることを最初に約束しました。4人がやりたいことはやる、やりたくないことはやらない、それ以外の意見は完全無視って約束したんです。これで売れなくても迷惑するのはこの4人だけですし。これが究極かなって思います。

井上:最初に再結成の話をした時に「どうせ売れんけん」って言ったのは面白かったですね(笑)。

松隈:売れなくてもかっこいい、楽しそう、羨ましいって思われることをやりたい。僕らくらいのことを他の人にはできないだろうって気持ちがあります。もっと売れているバンドなら華々しく再結成するし、地元の仲間でやってるバンドなら細々と仲間内だけでやると思うんですよ。僕らくらいのバンドが13年ぶりに再結成して、身体絞ってMVも撮影して、インタビューまでしてもらうって羨ましいでしょ。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE