新型コロナ、米ポルノ業界に迫る危機

Images used in photo illustration by Shutterstock / Lucky Business



ヨーロッパのポルノ業界の状況

新型コロナウイルスが急速に広がっているヨーロッパでは多くの撮影スタジオがすでに一時的な撮影停止に踏み切った。これを受け、コンテンツクリエイターがソーシャルメディアの購読をファンに直接販売できるヨーロッパのソーシャルネットワークFanCentroは、撮影の代わりにプラットフォームへの参入を希望するパフォーマー向けに、利用手引きを発表した。さらに、コロナ危機で自宅待機中のパフォーマーへの支援活動も行っている。

「業界内に不安が広がっていることに気づきました。うちのインフルエンサーはもちろん、他のパフォーマーやセックスワーカーたちからも、渡航制限や撮影現場閉鎖の可能性を危惧する声が上がっていました」と言うのは、FanCentroのマーケティング副部長、キャット・レヴェンガ氏だ。「(それで弊社は)新型コロナウイルスの影響を受けているセックスワーカーやパフォーマーが、自宅で安心して収入が得られる環境をつくることにしたのです」

海外のポルノビデオ制作会社との撮影やエスコートの依頼で、パフォーマーがヨーロッパに出張することも珍しくない、とパーマー氏は言う。新型コロナウイルスの脅威で、パフォーマーたちは前にも増して海外出張に及び腰になった。ルナ氏の周りにも、Exxoticaのような見本市に行かないことにした、というパフォーマーが大勢いるという。パフォーマーとの対面を楽しみに世界各国からやってくる参加者と、じかに交流するのを恐れているのだ。

大勢のポルノビデオ業界関係者は新型コロナウイルスの脅威にいまだ楽観的だ。「撮影セットがウイルスに汚染されている可能性は無きにしもあらずだけど、前向きな態度でいる必要があると私は思う」と、パフォーマーのサラ・ヴァンデラ氏は言う。「(当然これまで通り)健康には十分注意しつつ、病原菌の拡大防止のために衛生対策は徹底するべきだけど」

そうはいっても、撮影セットでのパフォーマーたちの密着具合を考えれば、やはり感染の脅威が大勢の頭に浮かぶ。「セクシャルな状況では身体的接触もたくさんありますし、体液や唾液の交換も多々行われますから、頭を悩ませるのは当然でしょう」とミルズ氏は言う(WHOいわく、ウイルスが性交渉で感染するかどうか判断するにはいま現在十分なデータが集まっていないものの、粘液や唾液の飛沫を経由して伝染することがある。つまり、キスやその他親密な接触は、ウイルスを広める可能性があるということだ)。

仮に新型コロナウイルスが性交渉では感染しないと判明しても、ポルノ作品はサンフェルナンド・ヴァレーのごく限られた場所で撮影されていることから――ウイルスが物体の表面でどのぐらい生存するものか、まだわかっていないことからも――撮影セットで誰かがウイルスにかかる可能性はある、とパーマー氏は指摘する。「同じ現場で、何度も何度も、来る日も来る日も、違う相手と撮影して、しかもソファは体液まみれなのよ」。もし出演者内にウイルスが侵入すれば、「大惨事になりかねない」と彼女は言う。

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE