米コーチェラ・フェスティバル、10月延期を正式発表「地元保健当局の指示に従う」

2020年のコーチェラ・ミュージック&アートフェスティバルは、新型コロナウイルス感染拡大のためいったんキャンセルに。(Photo by Koury Angelo for Rolling Stone)

4月10、11、12日と翌週4月17、18、19日に米カリフォルニア州インディオ「Empire Polo Club」で開催予定だったコーチェラ・ミュージック&アートフェスティバルが10月に延期になった。AEGの子会社でフェスティバルを運営するGoldenvoiceが、公式Twitterで明らかにした。

コーチェラはもともと来月、連続した週末――4月10、11、12日と翌週4月17、18、19日――に、ロサンゼルスから2時間ほどの郊外の町、カリフォルニア州インディオのEmpire Polo Clubで開催される予定だった。

コーチェラのほか、同会場で4月24~26日に予定されていたステージコーチ・ミュージックフェスティバルも延期になる。

今年のコーチェラ・フェスティバルは、トラヴィス・スコットやフランク・オーシャンに加え、再結成したばかりのレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンがヘッドライナーを務めることになっていた。現地時間月曜日に複数の情報筋がローリングストーン誌に語ったところでは、先週複数のアーティストのマネージメントチームと運営サイドが延期について協議していたそうだ。月曜深夜の時点で、協議は進行中だった。

フェスティバルを運営するGoldenvoiceGoldenvoiceは火曜夜、ローリングストーン誌に宛てた声明でこう述べた。「リバーサイド郡と地元保健当局の指示に従い、残念ではありますが、COVID-19対策としてコーチェラとステージコーチの延期をお伝えしなければなりません。情勢が不透明な状況での決断ではありますが、ご来場者、スタッフ、および地域の安全と健康を十分に考慮した結果です。皆様方におかれましては、公共衛生職員からの指示や手順に従っていただきたいと思います」



火曜日の時点で、カリフォルニア州では167件以上の感染と2件の死亡が確認されている。ロサンゼルス郊外から南カリフォルニア砂漠に広がり、小さな町インディオが位置するリバーサイド郡では、コロナウイルスの患者が地元病院に収容されたのをうけて日曜日に公衆衛生緊急事態が宣言された。月曜夜の時点で、同郡でのCOVID-19感染件数は6件にのぼる。

「コーチェラは2020年10月9、10、11日、および10月16、17、18日に延期いたします」と、Goldenvoiceは声明の中で述べた。「ステージコーチは2020年10月23、24、25日に開催いたします。すでにご購入いただいた4月開催のチケットは、10月の振替開催でも有効です。10月に参加できない場合の払い戻し方法については、ご購入者宛てに3月13日金曜日に通知いたします。今後も引き続きご支援くださいますよう、お願い申し上げます。この秋、砂漠でお会いできるのを楽しみにしています」

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

Current ISSUE