新型コロナ株式市場に大打撃、音楽業界への影響は?

Photo Illustration: Shutterstock (2)


コロナウイルスの影響は、音楽業界の特定の部門にも現れた。2月27日に行われたコンサート業界の巨人ライブ・ネイションによる第4四半期の業績報告会の席で、CEO兼会長のマイケル・ラピーノがコロナウイルスの脅威について触れ、「感染が流行して特定の地域がホットスポット化し、各地でコンサートがキャンセルされる事態は想定しています。しかし時間が経てばコンサートも復活し、お金も流れ始め、ファンも戻るでしょう」と述べた。彼の発言を受けて、翌日の株式市場で同社の株価はやや戻したものの、週全体で見ると18.1%下落(74.19ドルから60.77ドル)している。ライブ・ネイションによる第4四半期の好調な業績発表やラピーノによる発言以前に、同社は2月24日から27日までの4取引日で時価総額35億ドル(約3730億円)を失っている。

対照的にエンターテインメント・コンテンツ系の企業は、コロナウイルス騒ぎでむしろ業績が好調だった。例えばビデオゲームの巨人エレクトロニック・アーツ(EA)の3月第一週の下り幅は、わずか6.1%(108.01ドルから101.37ドル)だった。また音声配信業界をリードするスポティファイも、6.7%(146.95ドルから137.12ドル)と小さな下げ幅に留まった。

通常の状況であっても、IPOを控えた2019年度の純利益が2億5800万ドル(約275億円)というWMGの株は、魅力的なものになっただろう。ところが今や、WMGにとってさらに好ましい状況にあると言える。売上のほとんどを既存の音楽作品から得ている同社は、たとえ消費者の移動が減ったとしても、増えるとは言わないまでもEA同様ワーナーのコンテンツの利用は堅調に違いない。コロナウイルスがワーナーのライブツアー部門や商品販売部門の売上に多少の影響を与えたとしても、映画やテレビ番組のライセンスという別の大きな収入源がある。従ってワーナーは、コロナウイルスの感染拡大に伴う消費者行動の変化から恩恵を受けることになるだろう。

ブラバトニックにとってさらに明るい兆しは、ロンドン証券取引所にも現れている。急成長中の音楽著作権管理会社ヒプノシス・ソングス・ファンド(HSF)は最近、6億5000万ドル(約684億円)を、エド・シーラン、ブルーノ・マーズ、アデル、リアーナ、ザ・チェインスモーカーズらのヒット曲の権利に投資している。2018年からロンドン証券取引所に上場しているHSFは、2月下旬の株式市場の暴落時もわずか2.8%の落ち込み(2月21日の終値108ポンドから2月28日の105ポンド)で済んだ。

3月5日、株式市場での強さを見せたヒプノシスは、英国の権威ある株価指数FTSE250インデックスにおいて評価を上げた。FTSE250はいわば、米国のS&P500にあたる。その後ヒプノシスの創業者でもあるマーク・マーキュリアディスは、低迷する株式市場に注目している。「音楽が衰えることはなく、楽曲は株式市場の動きに左右されないとても貴重な資産だ。人生を楽しんでいる時、そこには音楽がある。また壁に当たって苦しい時は音楽が癒してくれる。素晴らしい曲は常に必要とされているのだ。」

言葉を選びながらコメントした彼の意味するところはよく理解できる。

2月下旬に株式市場を襲った嵐の中、ワーナー・ミュージック・グループがIPOの時期を延期した判断は懸命だったと言えるだろう。しかし今、株式市場は再び回復の兆しを見せ、S&P500は2月末の終値から3月4日の終わりにかけて5.9%上昇した。コロナウイルスの影響でさらに値下がりすることを想定して大量の株式を売却した投資家たちは今、コロナウイルスに強いというだけでなく、世界中の人々のウイルス感染に対する自然な反応を利用して稼ぐことのできる企業に再投資しようと関心を寄せている。

IPO時のワーナー・ミュージック・グループの評価額を最大化するため、レオナルド・ブラバトニックは鉄を熱いうちに打つと思われる。同社の株式公開は意外と早く実施されるかもしれない。

Translated by Smokva Tokyo

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE