Mars89が渋谷WWW Xをビートの渦で埋め尽くした80分間

「UNDERCOVER presents MARS89 "THE DROOGS" Release Party」の様子

東京を拠点に活動するDJ/ComposerのMars89が2019年12月にリリースした12インチEP『The Droogs』。同作品の発売を祝う、リリースパーティ「UNDERCOVER presents MARS89 "THE DROOGS" Release Party」が、2020年2月23日(日・祝前日)、渋谷 WWW Xの2フロアを使用しオールナイトで開催された。

『The Droogs』は、Mars89が〈UNDERCOVER〉の19/20 AWメンズコレクションのランウェイショーのために制作した音源をレコード用に再編集したもので、EP自体はUNDERCOVER RECORDSよりリリース。レーベルにとって約2年ぶりのリリースということもあり、リリースパーティには、UNDERCOVERのデザイナーJun TakahashiもDJとして出演し、会場を盛り上げた。

ゲストには、ダブステップのパイオニアでテクノへと接近した近年のブリストル・サウンドの核でもあるUKクラブ・ミュージックのオリジネーターの1人PINCH、LIL MOFO、前衛コラージュニスト脳BRAINのAVセット、解体新書のRomy Mats、¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U、NOBUHIKO KITAMURA、最近では小林うてなとのコラボレーションも行うDIANA CHIAKI、PICNICS、B2Bが出演し、渋谷の深夜を沸かせた。その一夜の様子をレポートする。



3連休の中日となる日曜日、スペイン坂を上がったところにあるWWWXの受付が23時にオープンすると、観客たちがゆっくりと会場入りを果たした。受付を通ってすぐの扉を潜ったメインフロアでは、目が慣れるまでは暗闇といってもいいような漆黒の中、Rommy matsがDJを行っていた。遅めのBPMで低音がヘヴィに効いたベースミュージックでねっとりとサウンドの渦を生み出していくスタイルに観客もゆっくりとウォームアップを果たしていく。



メインフロアから一度出て、会場内の階段を上りサブステージに足を運ぶと、NOBUHIKO KITAMURA(HYSTERIC GLAMOUR)がヒップホップ楽曲を中心としたDJを行っていた。バーカウンターの横にDJセットが組まれていることもあり、観客たちが酒を酌み交わしながら談笑し体を揺らしてコミュニケーションをとっている。とても和やかな雰囲気だ。



タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE