chelmicoが語る「届いてる充実感」からの攻めモード、次の一手は?

chelmico

chelmico、実に絶好調である。カルチャーシーン全体にその作品性に満ちているクリエイティブなロマンの魅力が波及している『映像研には手を出すな!』(NHK総合)のオープニングテーマ「Easy Breezy」は日本のみならず海外のリスナーからも熱い反響が寄せられている。

それに次ぐ2020年第2弾デジタルシングル「Limit」は全国展開しているフィットネスジム、JOYFITとのコラボソングだ。ビート、ラップ、MVの内容と、全方位にわたりキレキレに攻めまくっているこの曲について、chelmicoの2人に語ってもらった。またJOYFITとMVの監督を務めた田辺秀伸からのコメントも掲載する。

─新曲「Limit」の話の前に、アニメ『映像研には手を出すな!』(NHK総合)のオープニングテーマ「Easy Breezy」の反響がなかなかすごいですよね。海外からの反応も含めて。

Mamiko:「映像研」パワーはすごく感じてますね。You Tubeのコメント欄も海外の人がすごく多くて。

Rachel:湯浅政明監督は海外にすごくファンが多いから。その影響もあると思いますね。



─あとはクリエイターたちの反応の熱量も高いですよね。

Rachel:そう、一緒に仕事したことがある人とかの反応も今までの曲で一番大きいかも。

─2020年の幕開けとしてバッチリっていう。

Rachel:パッカーン!って扉が開けた感じがしますね。

Mamiko:よかったよねぇ。

─chelmicoの海外に対する意識はどうなんですか?

Mamiko:あんまり考えたことないんですけど、でも、今回は湯浅さんの作品だから海外のリスナーにも届くと思って曲タイトルは絶対に英語にしようと思ったし、そういう意味では今回初めて海外を意識したと言えるかもしれない。

Rachel:今までもなんとなく英語が入ってる曲はあったけど、タイトルからガッツリ英語で歌詞も英語のワードを繰り返す曲は初めてで。

─海外でライブをすることの興味は?

Rachel:やりたーい!

Mamiko:それはけっこう前から言っていて。「今年どこかのタイミングでないかなぁ?」って思ってます。

Rachel:まずはアジアでやりたいよね。台湾、タイ、中国とか。

Mamiko:ヨーロッパも行きたいよね。アメリカのフェスも出たい。

Rachel:うん。コーチェラとかサウス・バイ・サウスウエストとか出たいよね(笑)。

─コーチェラは去年Perfumeが出たところから、今年はきゃりー(ぱみゅぱみゅ)ちゃんと初音ミクがラインナップされている流れを鑑みて、ガールズポップとテクノロジーをかけ合わせたアーティスト性が求められているのかなという傾向を感じつつ、そこから派生する文脈が生まれてくるのであれchelmicoも夢ではない気もしますよね。

Rachel:なくはなさそうですよね! なんでもいいから出たいな(笑)。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE