Tempalay、東名阪ツアー初日で魅せた「えげつない熱量」

渋谷O-EASTにて〈TOUR 2020〉を開催したTempalay

Tempalayが2月21日(金)、渋谷O-EASTにて、東名阪を回る〈TOUR 2020〉の初日・東京公演を開催した。本ライブは、彼らにとって2020年初の公演。2020年を走り抜ける姿勢を体現するような熱量のあるライブとなった。

ソールドアウトとなった渋谷O-EAST。入り口前には、開場を待つ長蛇の列ができていた。定刻を少し過ぎた19時15分、会場が暗転すると、スクリーンに映画の始まりを思わせる映像が流れる。過去のMVやバンドロゴなど様々なイメージがサンプリングされたショートムービー。BGMの鼓動が段々と高まっていった先にステージの幕が開くと、小原綾斗(Vo/Gt)、John Natsuki(Dr)、AAAMYYY(Cho&Syn)、そしてサポートのKenshiro(Ba)の4人の姿が紫のぼんやりとした光のなかに浮かび上がった。



1曲目からセンセーショナルに始まったライブ。一瞬でTempalayの世界観が会場に展開される。本公演は全体を通して、圧倒的に完成したものを見せつけようとする彼らの姿勢が伝わってくるような内容だった。彼らの6年間のキャリアの中から新旧入り混じった楽曲が披露されていった。
前半は、アグレッシヴなプレイが際立つ楽曲を中心に会場を盛り上げていく。まるで映画のように、カットと場面転換がスピーディーにおこなわれる楽曲内の豊潤な展開。小原の叫びを具現化するようなストロボのライティングも効果的に使われ、ヒリヒリとした感覚を覚えながらも、どこかゆったりとしたスケールの大きさが同居した彼らの持ち味を存分に感じることができた。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE