アル・ゴアが考える気候変動問題「絶望している場合ではない」

「絶望している場合ではない、と皆さんに言いたい」とアル・ゴアは、気候変動問題への感情的な反応に警鐘を鳴らす。(Photo by Craig Barritt/Getty Images)

元米副大統領は71歳になった今なお、闘いに挑んでいる。そんな彼の最新インタビュー。

アル・ゴアは、当初から気候変動問題の危険性を訴えてきた預言者だったといえる。今から40年以上前に国会議員となった彼は、半生をかけて警鐘を鳴らし続けている。そのゴアが2020年1月、ダボス会議へ戻ってきた。彼の発するメッセージは、以前と変わらず手厳しいものだった。

ゴアは71歳になるが、それでもドナルド・トランプ、ジョー・バイデン、バーニー・サンダースらよりも若い。テネシー訛りで気さくに語るゴアだが、気候変動問題に取り組む意気込みは衰えていない。アマゾンの自然保護に関する討論会でゴアは、一般に思われているよりも事態は進行していると警告した。「今を生きる世代に課されているのは、道徳的な想像力を働かせることだ」とゴアは言う。「現代版のテルモピュライの戦いやアジャンクールの戦いだ。或いはバルジ大作戦やダンケルクの戦いであり、9.11にも匹敵する。私たちは目の前にある難局を乗り越えねばならないのだ」とゴアは主張した。

また別の討論会では、グリーンエコノミーへの急激な転換は世界的な金融問題につながるという意見に対し、「地球が死んでしまったら仕事がどうのなど言っていられない」とゴアは反論した。

ゴアは滞在していたスイスのダボスにあるホテルでインタビューに応じてくれたが、ユーロポップが流れるレストランは騒がしかったため、化粧室の前に並べられたソファーへ避難して話を続けた。時折ダボス会議の関係者がトイレに行く途中で、元副大統領に挨拶したり感謝の言葉を述べようと立ち寄る中で、インタビューは行われた。

ー気候変動問題について、真の気候科学はもはや問題ではなく、或いは気候科学の段階は過ぎて政策や政治の話に移っていると考えますか? 今は立証の段階から実行に移すべき時期なのでしょうか?

いや、今も気候科学は重要だ。問題そのものはとても複雑なため、確実性の程度についてもさまざまな意見が出てくるし、気候科学に根拠を求める人もいる。科学的なコンセンサスが全体的に取れそうなところまで来ている。コンセンサスが取れれば大きな影響力があると考える。もちろん、反論もあるだろう。しかし反対する人たちの中にもこれまでの反対意見を取り下げ、コンセンサスに反対する行動を控えようとしている人も増えてきている。

ーダマスカスへの道を辿って改宗する訳ではないが、あなたの言うように、密かに時流に乗ろうとしている人が増えているということですね。

その通り。今年(2020年)のダボス会議がよい例だ。(ダボス会議の設立者である)クラウス・シュワブが気候問題を今年の世界経済フォーラムの重要なテーマに掲げたことは重要なステップであり、会議の大多数を占める各業界のトップたちの中には、先ほど述べた定義に当てはまる人も多い。彼らが気候問題を最重要課題として取り上げることはないだろうが、今では彼らは気候問題に反発する気は無い、というところまで来ている。それだけでも大きな進歩だ。

Translated by Smokva Tokyo

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE