乃木坂46、グループの将来を見据えた2年連続の台湾公演

台北市の台北アリーナにて公演「NOGIZAKA46 Live in taipei 2020」を行なった乃木坂46

乃木坂46が、2019年1月19日に台湾・台北市の台北アリーナにて公演「NOGIZAKA46 Live in taipei 2020」を開催した。2年連続となる台湾公演は、1月6日に白石麻衣が卒業を発表した後の最初の単独公演ということもあり、注目が集まった。本記事では、オフィシャルレポートを掲載する。



2020年1月19日(日)に、乃木坂46が台湾・台北アリーナにて、台湾では2年連続となる単独公演を開催。全26曲を披露して、約1万人のオーディエンスを魅了し、大盛況の中、幕を閉じた。

メンバーは前日の18日(土)に台湾入り。台北松山空港では現地ファン約800名がメンバーを出迎え、昨年現地に降り立った時よりも既に倍の人数となっており、現地では着実に乃木坂46の人気が高まっている事が伺えた一面だった。

オープニングSE後、挨拶代わりに最新シングル「夜明けまで強がらなくてもいい」からスタート。その後「何度目の青空か?」「太陽ノック」「裸足でSummer」とシングル表題曲を連発で披露し、一気にオーディエンスはヒートアップ。参加メンバー24名がそれぞれ中国語で自己紹介を行ない、その後「シンクロニシティ」他、バラエティーにとんだユニット曲やアンダー曲でライブ前半戦が終了する。

ライブ中盤では、チャイナドレスを彷彿させる妖艶な衣装を身にまとい「バレッタ」を披露、そして昨年末に開催した上海単独公演同様にグループの代表曲でもある「君の名は希望」を中国語バージョンでサプライズ披露。会場は感動の渦に巻き込まれた。



ライブ後半戦は、日本レコード大賞受賞曲「インフルエンサー」や「命は美しい」「制服のマネキン」など、マイナーかつビートの効いた楽曲を中心に展開。本編ラストは齋藤飛鳥がセンターを飾る昨年の代表曲「Sing Out!」。会場ではメンバーとオーディエンスのクラップが一体となり、惜しまれながらも本編が終了した。その後現地ファンを中心にアンコールが鳴り止まない中、乃木坂46のライブ楽曲としては欠かせない「ロマンスのスタート」「ダンケシェーン」「乃木坂の詩」の3曲をアンコールで披露。2年連続となる台湾単独公演は大盛況の中終了となった。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE