DEAN FUJIOKAが「地鳴り」にこだわった背景

多様な音楽ジャンルを吸収してきた独自の音楽性と、3カ国語の語感を巧みに混ぜ合わせたEP『Shelly』をリリースしたDEAN FUJIOKA


ー曲を聴きこんでいるとよくわかりますね。ちなみに、僕の長男がいま13歳なんですけどドラマ『シャーロック』にハマっていて、曲もよく口ずさんでいます。ドラマとの相乗効果もあって、そんなキッズ層のファン、男性ファンへもより届きそうなEPですよね。年代的にははじめて実写ドラマにハマったというか、ミステリー作品にハマったという。そして曲もかっこいいという新しいモノづくしな体験となりました。

それは嬉しいですね。あらためて、自分がティーンエイジャーの時にメタルをやっていてよかったなと思うんです。メタルをバンド編成でアレンジした経験があるからこそ、このリフが生まれるというかリズムはこうなるんだってわかるというか。重低音に関する直感はメタルで養われてベースミュージック、ダブステップやトラップを経て移行できたんだなって。使っているインストルメント(機材)が違うだけなんですよ。ボーイズドリームっていうんですかね。男の子ならではの夢ってあるじゃないですか。そこに繋がるのは嬉しいことですよ。

ーキッズの遊び道具がゲームに流れがちなので、日本の音楽シーンがも今こそアップデートしないといけない時代ですよね。ちなみに、DEANさんといえばコアなリスナー体質でもあると思いますが、最近はどんな音楽にハマってますか? 

最近は、ジャケ買い的な音との出会い方ができなくなりましたよね。となるとメディアだったりアウォード、この人が勧めているものだったらチェックするというか。SoundCloud聴きっぱなしにしていたり、プレイリストとか勝手にいい曲が流れてきたりってのもありますね。とはいえ、やっぱり現場で音を聴いたもの勝ちだと思うんですよ。フェスとか行くと特に思いますね。でかい音を体で聴いたら良いか悪いかすぐにわかるんです。

ー本来の音楽の価値って、そういうところからですもんね。

やっぱり、正直に自分が信じていることをやり続けるのが大事だと思いますね。(iPhoneで探しながら)ちなみに最近一番聴いているのはH.E.Rかもしれないですね。しかも新しいのというより過去の音源。彼女、素晴らしいですねぇ。あ、でもリストの一番上に表示されているのは2019年にリリースしたH.E.R『I Used To Know Her』でした。次が中国のヒップホップでAIR(艾热)。あとは、mabanuaちゃんたちのOvallとか。Mura Masaも聴いてますね。あ、石川さゆりさんも聴いてますよ。

ーすごい。世界へ誇るブルースですよね。

演歌の歌唱って技術としてもすごいんですよ。ヴォーカル力ってブラックミュージックのシンガーに目がいきがちですけど、石川さゆりさんとか超絶技法ですよね。最近は、こんな感じかな。



<リリース情報>



DEAN FUJIOKA
EP『Shelly』
発売日:2019年12月11日(水)

【Normal Version】
CD:2000円(税抜)

=収録曲(3形態共通)=
1. Shelly(フジテレビ系 ドラマ「シャーロック」主題歌)
2. Searching For The Ghost(フジテレビ系ドラマ『シャーロック』オープニングテーマ)
3. Made In JPN(テレビ朝日系『サタデーステーション』『サンデーステーション』エンディングテーマ)
4. Chasing A Butterfly (feat. Nao Matsushita)(映画『エンジェルサイン』主題歌)
5. Send It Away (feat. GONG)

【Shelly Version】
CD+DVD:価格:2600円(税抜)

=DVD収録内容=
[Music & Lyric Video]
1. Shelly Music Video
2. Searching For The Ghost Music Video
3. Maybe Tomorrow Music Video
4. History In The Making Lyric Video
[Behind The Scene]
1. Shelly Music Video
2. Searching For The Ghost Music Video
3. Maybe Tomorrow Music Video

【Ghost Version】
CD+DVD:2600円(税抜)

=DVD収録内容=
DEAN FUJIOKA 1st Asia Tour 2019 “Born To Make History”
2019.3.30 @NHK Hall

1. Maybe Tomorrow
2. Accidental Poet
3. Hope
4. Sakura
5. History In The Making
6. Echo
7. Legacy
8. Fukushima
才能を活かしボーダレスに活動中。

■DEAN FUJIOKA Official Site:http://www.deanfujioka.net


Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE