BTSがニューアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』のリリースを発表

Ben Hider/Invision/AP/Shutterstock

アルバム『MAP OF THE SOUL : PERSONA』から10カ月を経て、K-POPセンセーションを巻き起こしたBTSのニューアルバムのリリースが決定した。

BTSが2019年4月発売のアルバム『MAP OF THE SOUL : PERSONA』の続編としてニューアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』のリリースを発表。
Ben Hider/Invision/AP/Shutterstock

BTS(防弾少年団)が2019年4月発売のアルバム『MAP OF THE SOUL : PERSONA』の続編として、ニューアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』を2月21日にリリースする。7人のメンバーからなるBTSのニュースは、現地時間1月7日にBTS公式ファンコミュニティBTS Weverseを通じて発表された。

2017年以来、BTSは長期的なワールドツアーや、常にチャートのトップにランクインするシングルとともに、世界的なポップアイコンとしてセンセーションを巻き起こしてきた。Bシングル「Boy With Luv」ではホールジーとも共演を果たし、ホールジーのニューアルバム『Manic』には、メンバーのSUGAが「SUGA’s Interlude」という楽曲で参加している。大晦日恒例の米音楽番組『Dick Clark’s New Year’s Rockin’ Eve With Ryan Seacrest』では、ニューヨーク・シティのタイムズスクエアのステージでのカウントダウンに参加し、「Make It Right」と「Boy With Luv」を披露した。

絶大な人気とニューアルバムに対する高評価にもかかわらず、BTSは本年度のグラミー賞へのノミネートを逃す結果となった。2019年には、Love Yourself World Tourが終了。2020年のライブ日程はいまのところ発表されていない。

Translated by Shoko Natori

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE