BMTHのオリーがブランド「DROP DEAD」を始めた理由

オリヴァー・サイクス(Photo by Jesse Kojima)

ブリング・ミー・ザ・ホライズン(BMTH)のヴォーカル、オリヴァー・サイクスが手がけるブランド、DROP DEADが2019年11月に日本で初のポップアップショップを、原宿のCommon Galleryで開催した。

そこで発表した新たなコレクションは、UKのエクストリーム・メタル・バンド、Cradle Of Filthとのコラボレーション。オリヴァーとへッド・オブ・デザイナーのハリー・カーターに話を聞いた。

ーDROP DEADの始まりの話から聞かせてください。オリー(オリヴァー)は2004年にハイスクールを卒業して、ブリング・ミー・ザ・ホライズンを始めた頃に立ち上げたんですよね。

オリヴァー そうなんだ。カレッジをドロップアウトして、バンドを始めることになった時に、バンドに専念できるように、定職に就かなくてもお金が入る方法を考えたんだ。そしたら母がスモールビジネスでもやれば?ってアドバイスをくれてね。それで僕が「洋服の会社を作りたい」って言ったもんだから、母は驚いてたね。当時、アメリカではブリンク 182のメンバーがAtticusとFamous Stars And Strapsを手がけてたんだけど、イギリスにはそういうブランドがまだ存在しなくてね。でもそのムーブメントはすでに来てたから、自分でもやりたいってなったんだ。母はバンドとブランドなんてどっちも上手くいかないと思ってたはずさ。でも母は僕に資金として500ポンドを提供してくれて、ローカルビジネスのコースを取るように言ってくれたんだけど、最初のTシャツを作ってMySpaceにアップしたら、初日にTシャツに5枚売れたんだよね。僕はまだ無名だったんだけど、MySpaceではけっこう人気があってね。初日で利益が出たから、もうビジネスのコースなんて必要なくなったんだ。それに企業でやってたら、ロゴはこうあるべきだとか、テーマを決めなきゃいけないとか、そういうお約束ごとが永遠に続くわけだよね。でも僕がやったのはその正反対だった。ゾンビの絵を描いたり、猫の脳みそが飛び出てるのを描いたりとかしてただけさ。その時ピンと来たものをTシャツにしてただけなんだよ。だって、テディベアを永遠に作るようなことだけはやりたくなかったからね。それは自分がやってる音楽も同じことで、何故一つの音楽ジャンルにずっとしばられなきゃいけないんだ?って思ってしまうんだ。

ハリー 服作りにおいて一つのことにしばられるのは良くないよね。クリエイティヴィティってどこかセラピーみたいなところがあるんだ。変化を起こすようなことをやってるわけだから。DROP DEADにはいろいろなヴァージョンがあるしね。僕が若い頃、DROP DEADを着ると素晴らしい気分になれたんだ。だから今こうしてオリーといろいろ共有できるのはうれしいよ。ブランドが次のステージとしてどこに行くのかはわからない。でもだからこそエキサイティングなんだけどね。完璧なビジネスプランがあったとしてもつまらない。結局のところ、クリエイティヴィティとは、まずは自分たちが楽しむことのはずだから。

オリヴァー 人生で楽しまなかったら時間の無駄だよ。もちろんお金のことは心配になるだろうけど、お金で経験は買えないからね。

ー11月に東京で初のポップアップショップをやることになったいきさつは?

オリヴァー ずっとやりたかったことなんだよ。日本は世界の中でも特に大好きなところだから、しっかりとつながっていたいんだ。DROP DEADというブランドも常に日本のファッションとカルチャーに影響を受けてるしね。今まではなかなか時間が作れなかったんだけど、ハリーが1年前にDROP DEADで働くようになって、クリエイティヴの面でもずいぶんいろいろとできるようになったし、ビジョンも広がった。ちょうど新しいコレクションの発表もあったから、良い機会が訪れたと思ったんだ。


Common Galleryにて11月に3日間限定で行われたポップアップ・ショップ(Photo by Jesse Kojima)


Common Galleryにて11月に3日間限定で行われたポップアップ・ショップ(Photo by Jesse Kojima)

ーハリーがDROP DEADで働くことになったいきさつは?

ハリー 服に対する関心がオリーと同じだったからなんだ。いろいろな面において好きなものが似てるしね。今後DROP DEADがどのような方向に行くべきか、ネクストレベルに行くために何が必要なのか、そういうビジョンも共有できてるんだ。


左から2人目が、へッド・オブ・デザイナーのハリー・カーター(Photo by Jesse Kojima)

オリヴァー DROP DEADのクルーは年が近いヤツらで一緒にやってきたんだけど、僕も33歳になったし、新しい才能が欲しいなと思ってたとこだった。僕は今でもファッションが大好きなんだけど、自分の興味あることと今の時代で起こってることの間で上手くバランスを取らないといけない。だから今の時代の空気をそのまま吸ってるような新しい人材が必要だったんだよ。ハリーが入ってくれたおかげで、さらにDROP DEADでいろいろやりたくなってきてるところなんだ。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE