WANDS第5期始動「この3人で格好いい音楽ができればWANDSになる」

第5期WANDSメンバー、画像左より、木村真也(Key)、柴崎浩(Gt)、上原大史(Vo)

90年代に5枚のミリオンシングルと3枚のミリオンアルバムを放った国民的バンドWANDSが、新たなボーカリスト・上原大史を迎え、第5期WANDSとして約20年ぶりに動き始めた。現在もビーイングに所属する大島こうすけ、折に触れて大島と音楽活動を行ってきたギター柴崎浩がWANDSの再始動について考えていることを知ったプロデューサーの長戸大幸が、かねてよりボーカリストとして高く評価していた上原を彼らに引き合わせたことで、2000年3月の解体ぶりに動き出したストーリー。楽曲制作を開始した第4期を経て、大島は楽曲提供と制作に専念。キーボード木村真也が合流し、第5期WANDSとしての活動が始まった。

2019年11月17日に大阪・堂島リバーフォーラムで第5期始動第一弾ライブを行い生配信、2020年1月29日には約21年ぶりのシングル『真っ赤なLip』のリリースも決定している。カップリングには柴崎浩アレンジによる「時の扉」、「もっと強く抱きしめたなら」のWANDS 第5期ver.が収録される。のっけからフルスロットルで動き出した第5期WANDSの3人にインタビューを敢行した。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE