UKが【NEO-ADU】ブランドショップ「GRAYZONE」を秋葉原にオープン

【NEO-ADU】ブランドショップ「GRAYZONE」が秋葉原にオープン

昨年末発禁処分となり通販にて販売し、わずか1日半で完売となった前代未聞の18禁楽譜『GRAYZONE』を刊行したUKが、2020年2月に【NEO-ADU】ブランドショップ「GRAYZONE」を秋葉原にオープンすることを明らかにした。

このショップは期間限定ではなく常設店としてオープン。詳しいビジュアルやアイテムはInstagramの公式アカウントにて随時公開される予定。

また今回の発表にあわせて18禁楽譜『GRAYZONE』もリニューアル版として再販が決定。ただし、こちらは前回同様18禁コンテンツを含むため、18歳未満の購入は出来ない。販売は株式会社SWの通販サイトにて行われ、数量限定販売となっている。発送は年明け以降順次行われる。

2015年から始まったUKによるこの不明瞭な活動GRAYZONE、この先どんな進化を遂げるのか。GRAYZONE信者は今後もチェックしていた方が良さそうだ。

■NEO-ADUとは
SNSが普及する中、世の中の性に対する抵抗は少しずつ無くなってきている。しかし、いざグッズを買うとなるとまだまだ恥ずかしさを抱く。裸の女性をあしらい、あからさまな形を象ったビジュアルやパッケージ。買ったところで家の保管場所に困る避妊具やローション。これらは今日まで隠すべき存在、身の回りには「無いモノ」として扱われてきた。
GRAYZONE は、この感覚を払拭すべく「エロ=日常」というごく自然な在り方で今までの古いイメージを一新する【NEO-ADU】というスタイルを確立し、ファッション・インテリア・日用品…それら日常に溶け込み「持っていることが恥」とはならない、常に自然体で存在できる「ネオアダ製品」を展開する。

■UKコメント
敢えて触れることなくただ傍観していれば死ぬまで安全に生きていけるはずなのに、危険を犯してでもどうしても踏み込みたくなる世界というのは存在する。
その魅力とは何なのか。
人間の奥底に眠っている麻薬染みた刺激を取り扱い、どこの勢力圏にも属さない不明瞭な領域。それが、GRAYZONE。あなたのお越しを心よりお待ちしております。



18禁楽譜『GRAYZONE』通販サイト
https://storywriter2.thebase.in



〈店舗情報〉
GRAYZONE
住所非公開
※2020年2月2日(日)オープン予定

公式Instagram
https://www.instagram.com/grayzone.tokyo

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE