17歳の天才ラッパーLEXが信じる「自分」という存在

12月11日にセカンド・アルバム『!!!』をリリースしたLEX

2019年に突如として現れた17歳の天才ラッパーLEX(レックス)が、セカンド・アルバム『!!!』を12月11日(水)にリリースした。前作『LEX DAY GAMES 4』で叩き出した新世代のサウンドをさらに跳躍させ、重量感を獲得した本作。作品の変化と共に、17歳の彼にはどんな変化があったのか。そして、それは彼の今後をどのように方向付けているのだろうか。

―2019年4月にリリースされた前回のアルバム『LEX DAY GAMES 4』を製作された際は、地元・湘南の仲間と楽曲制作に取り組んでいました。あれからLEXさんの周囲の環境に変化はありましたか?

LEX:だいぶ変わりましたね。周りの友達はあまり変えたくないと思っている一方で、環境は確実に変わっていて。ただ、自分が作る曲は変えたくないので。音楽を作る環境はあまり変えないように意識して今まで通り家でレコーディングをするようにはしていますし、作り方も変えていないです。

―以前よりもLEXさんに注意が集まるようになって、周りからの見られ方は変わったのではないですか?

LEX:そうですね。ただ、周りから注目が集まる分だけ期待に応えなくちゃいけないとか、周りの求める音を作りたいと思う人もいますけど。僕はそれは間違いだと思うし、自分の音楽をこれからも作り続ける努力をしていきたいと思っています。

―単純に湘南から東京に来て仕事をする機会が増えたと思うのですが、それに関しては何か変化はありましたか? 

LEX:ライブ会場は東京が多いんですけど、曲を作る時は家に帰るようにしていますね。東京はやっぱり食われるというか(笑)。僕は、落ち着いたところが必要な人間なので。仲がいいアーティストも東京に来ると苦しいって言っているのを聞くし、休憩は必要だと思うので。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE