HYDEワールドツアーを締めくくる『ANTI』最終形 その強靭さを支えた信頼関係

12月7日、8日に開催された『HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL』(Photo by 岡田貴之、田中和子)

『HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL』と題したHYDEの単独ライブが12月7日、8日の2日間にわたり幕張メッセ国際展示場4〜6ホールで開催された。このライブは今年3月からスタートしたHYDEのワールドツアーを締めくくるものであると同時に、2018年から本格化したHYDEのソロ活動におけるひとつの区切りとなった。本稿では12月8日公演について記す。

アルバム『ANTI』発売前から世界各国を飛び回り、『ANTI』で展開された世界観を確かなものへと進化させ続けたHYDE。一連のツアーの中でも最大規模となる今回のライブには、今年6〜9月に国内で実施されたツアーで用いられたステージセットをさらにスケールアップさせた“NEO TOKYO”が用意された。近未来感と排他的な世紀末感が同居するステージに登場したHYDEは、気心知れたバンドメンバーとともに「WHO’S GONNA SAVE US」からライブをスタート。巨大なスクリーンにはステージ上の様子とともに、楽曲の印象的なフレーズが映し出され、否が応でも観る者のテンションは高まっていく。


Photo by 岡田貴之、田中和子

「AFTER LIGHT」「FAKE DIVINE」とアルバム『ANTI』からの楽曲が矢継ぎ早に繰り出されるとともに、「やっちまおうぜ、幕張!」とHYDEは観客を煽り続ける。ここ最近はZeppクラスの会場で見慣れてしまっていたHYDEのパフォーマンスだが、はやり彼にはこういったアリーナクラスでの派手なステージがよく似合う。時にはステージ上に設置されたパトカーの上に乗り、片手に持ったバットを叩きつけるなどアグレッシブなアクションで、観客の熱気を高めていった。


Photo by 岡田貴之、田中和子

3曲歌い終えたHYDEは「Ladies and gentlemen! ようこそ『ANTI FINAL』へ。調子どう? 今日は『ANTI』の最終形を見るんだろ?」とオーディエンスに問いかけ、この日のライブにかける意気込みを滲ませる。続く「INSIDE OF ME」では、拡声器を片手にした彼が客席フロアへと降りて観客の間近でアジテート。「かかってこい!」の一言に、フロアの熱気は早くも沸点にまで到達する。「DEVIL SIDE」あたりになると、フロア前方のスタンディングゾーンにクラウドサーファーやモッシュする観客の姿が見受けられるようになり、これを受けてHYDEやバンドの熱もさらに高まっていった。


Photo by 岡田貴之、田中和子

「TWO FACE」や「SET IN STONE」といった楽曲では、アリーナクラスならではのショーアップされた演出も用意。また、極上のバラード「ZIPANG」では序盤にピアノソロも用意され、楽曲が持つセンチメンタリズムがより強調されることに。一方で、「OUT」ではリズムにあわせて観客が一斉にジャンプをするなど、会場の一体感は曲が進むごとにさらに高まっていった。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE