Yogee New WavesとSuchmosが新木場で作り上げた夢のような一夜

自主企画イベント〈Dreamin' Night〉にてSuchmosと対バンをしたYogee New Waves(Photo by Naruki Yamaguchi)



続いて登場したYogee New Wavesのステージは、ベースアンプに置かれたバンドロゴ入りのネオンサインと、ステージ後方にセットされた夜のビル群がロマンティック。ビリー・ウッテンのヴィブラフォンをフィーチャーしたザ・ウッドゥン・グラスによる、カーペンターズ「We’ve Only Just Begun(愛のプレリュード)」のインスト・カヴァーをバックにメンバー4人とサポート・メンバーの高野勲(Key.)が現れると、フロアからは割れんばかりの大歓声が鳴り響く。まずはファースト・アルバム『PARAISO』の冒頭曲「Megumi no Amen」からライブはスタート。竹村郁哉(G.)の雄弁なギターと、角舘健悟(Vo/G.)の朗々としたボーカルが有機的に絡み合う後ろで、レゲエのエッセンスをそこかしこに感じる上野恒星(B.)のメロディックなベースラインと、目まぐるしく変化していく粕谷哲司(D.)のドラムフレーズがグイグイと楽曲を牽引していく。

続いて角舘の力強いカウントダウンと共に、同じく『PARAISO』から「Summer」。角舘と竹村によるオクターヴ・ユニゾンのボーカルが、艶やかな響きと共に会場を包み込んでいく。<ピカピカピカピカ光る/銀色のミラーボールよ/くるくるくるリと回って>という歌詞に合わせ、STUDIO COASTの天井に吊るされたミラーボールが回り始めると、その美しくもきらびやかな光景にフロアからはため息が漏れた。


Photo by Naruki Yamaguchi

「Good Night Station」ではサポートメンバーの松井泉(Per.)が加わり、グルーヴィーなリズムの上でデイレイとリヴァーブをたっぷり使ったダビーなギターが伸びやかなソロを展開。楽曲後半では両手を宙にかざしたオーディエンスたちによる、<YA YA YA YA〜>の大合唱となった。さらに、件の新作から「to the moon」が繰り出され、その軽やかなギター・カッティングが重心低めのリズムトラックの上でシルキーな軽やかに鳴り響いてゆく。<ここは新木場 いかれた気分さ>とリリックの一部を替え歌にするなど、遊び心が随所に散りばめられたパフォーマンスも印象的で、駆けつけたオーディエンスはその演奏に皆酔いしれていた。

長い中国ツアーから戻ってきたばかりのヨギー。「ただいま東京!」とフロアに呼びかけた角舘は、「冷凍しておいたシチューを帰国して食べたら、めっちゃ美味かったです」と話して笑いを誘ったあと、「Climax Night」「HOW DO YOU FEEL?」とミドルチューンを続けて披露。タイトなリズム隊と、のびやかなギター・オーケストレーションが鮮やかなコントラストを描き出した。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE