電子音楽&デジタルアートの祭典「MUTEK.JP 2019」本日より5日間に渡って開催

電子音楽&デジタルアートの祭典「MUTEK.JP 2019」

カナダ・モントリオール発祥のオーディオヴィジュアルアートと電子音楽の芸術フェスティバル「MUTEK.JP」が12月11日(水)〜15日(日)に渡り、渋谷を舞台に開催される。デジタルアートの可能性を探求する日本と世界のアーティストが一挙集結し、独創的かつ革新的なオーディオビジュアルライブ、カンファレンス、ワークショップ、エキシビジョンなどが行われる予定だ。

芸術的なオーディオビジュアルライブの舞台を着席で鑑賞できる"A/Visions"(2公演・有料)や、最先端の電子音楽とデジタルアートをクラブスタイルで楽しめる"Nocturne"(4公演・有料)、真鍋大度が京都大学/ATR(国際電気通信基礎技術研究所)の神谷之康研究室と共同制作したアートプロジェクト“dissonant imaginary”、音を聴くことで変化する視覚野、連合野の脳活動データを用いて画像を再構成する様子を可視化したオーディオビジュアル・インスタレーションの披露他、すべての有料プログラムに参加できる「5日間パスポート」も販売されている。

また、12月11日(水)〜13日(金)の3日間、渋谷ストリーム ホールではパフォーマンスだけではなくインスタレーション作品も展示。クリエイティブユニットtoe on netは光を使ったインスタレーション作品や、平川紀道はグースの羽毛と地形のデータから計算によって形づくられる映像作品などが多数展示。ALife研究者集団オルタナティヴ・マシン社は「音のニッチ仮説」に基づき、その場の音環境に適応しリアルタイムにサウンドスケープを生成する試作機「ANH-00」を初公開する予定。

さらに、カンファレンスやワークショップなども開催。無料プログラムとして、12月12日(木)&13日(金)は活発的なデジタルクリエイティヴな業界を紹介する国際展覧会「THIS IS QUEBEC x MUTEK」を渋谷ヒカリエ ヒカリエホールAで開催。12月13日(金)〜15日(日)は「Digi Lab」と題してパネルディスカッション、キーノートプレゼンテーション、ワークショップなど数々の無料イベントが渋谷ストリーム ホール4階、渋谷のクリエイティブスペース「EDGEof」、渋谷スクランブルスクエア(東棟)15階にオープンしたコミュニティスペース「SHIBUYA QWS」、「UltraSuperNew Gallery」でデイタイムに行われる。

最先端のテクノロジーアートを体感できる5日間。詳細はHPより。



<イベント情報>



MUTEK.JP 2019

2019年12月11日(水)〜15日(日)
会場:Hikarie Hall / SHIBUYA STREAM Hall / LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂) / LIQUIDROOM / EDGEof / SHIBUYA QWS / UltraSuperNew Gallery
料金:MUTEK 5日間パスポート(23,000円)
*各プログラムごとのチケットは各イベント詳細をご確認ください。
*オールナイト公演は20歳未満ご入場できません。一部のプログラムは入場規制する場合がございます。あらかじめご了承ください。
https://mutek.jp/#tickets

出 演:
Akiko Nakayama [JP]
Alexis Langevin-Tétrault [CA/QC]
Alternative Machine [JP]
CD Hata x Koyas [JP]
Chloé Juliette [FR/JP]
Daito Manabe + Kamitani Lab [JP]
Dramian [MX]
Fake Eyes Productions [JP]
Falaises [CA/QC]
gadara [JP]
Hiroaki Umeda [JP]
Intercity-Express & Push 1 stop [JP+CA/QC]
Katimi Ai [JP]
Ken Furudate [JP]
Kode 9 & Koji Morimoto [UK+JP]
Konx-Om-Pax [UK]
Kuniyuki x Soichi Terada x Sauce81 [JP]
LADA (Dasha Rush & Lars Hemmerling) [RU+DE]
Line Katcho [CA/QC]
Mari Sakurai [JP]
Masashi Hirao x Saskiatokyo [JP]
Mayu Amano [JP]
Myriam Bleau [CA/QC]
nor [JP]
Norimichi Hirakawa [JP]
Oslon [KR]
Öspiel [FR/KR]
Peter Kirn [US/DE]
Push 1 stop & Wiklow [CA/QC]
RAMZi [CA/QC]
Rhizomatiks Research × ELEVENPLAY × Kyle McDonald [JP+US]
Risa Taniguchi [JP]
Robert Henke [DE]
Rrose [US]
rubi [DE]
Rutger Muller [NL]
Ryoichi Kurokawa [JP]
Sakura Tsuruta & asagi [JP]
Saskiatokyo [JP]
Sebu Hiroko [JP]
Seiho [JP]
SO [JP]
Toe on net [JP]
Veronica Vasicka [US]
VJ Manami [JP]
vōx [US]
Yosi Horikawa [JP]
Yuzo Koshiro & Motohiro Kawashima [JP]
https://mutek.jp/artists/

主催:一般社団法人MUTEK Japan
特別協力:KDDI株式会社
特別協賛:東急株式会社
協賛: 第23回文化庁メディア芸術祭、Canada Goose
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
後援:カナダ大使館、ケベック州政府在日事務所、アンスティチュ・フランセ東京、渋谷区、一般社団法人渋谷未来デザイン、渋谷エンタメテック推進プロジェクト

オフィシャルサイト:https://mutek.jp
#mutekjp2019

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE