モー娘。加賀楓が語る、初写真集とロッキンと自己成長の話

加賀楓(モーニング娘。’19)(Photo by Yoko Yamashita)



加賀楓とモーニング娘。’19の2019年

―ROCK IN JAPAN FESTIVALのメインステージ出演、15期メンバー加入、そしてご自身では二十歳を迎えて初写真集発売と、2019年もいろいろありましたね。

前回インタビューしていただいた去年の11月に比べると、自分自身、人間的にも精神的にも大人になった気がします。環境が変わったことや新しい仕事に挑戦させていただいたことも理由だと思いますが、まだまだできることがたくさんあるなとも思います。

―加賀さんが今トライしてみたいことは何かあります?

ソロで何かしたいというよりは、今のモーニング娘。のライブなどの制作的な部分に関わってみたいです。私たちはセットリストをもらって歌割りをもらってステージングを付けてもらって表現する立場なのですが、その中で1からいろんな人の意見を聞いた上でより深く関われたらいいなと思ってます。

―面白そうですね。

アンジュルムの勝田里奈さんが卒業される前にツアーの衣装案を一つ出させていただいたって話をしてたじゃないですか。そういうのを聞くと、私もやってみたいと思います。

―前回のインタビューでは「一生懸命になりすぎて、精一杯になってしまうのが課題です」「先輩に追いつこうってところで止まってしまっているので、見た人に『これがかえでぃーのダンスだよね』って思われるように、これからは自分の個性を出していきたいです」と語ってくれましたが、1年経ってみてどうですか?

いま思うと昔の自分は、鞘師さんに憧れていて、鞘師さんが踊ったダンスをそのままコピーしよう……それだけだったと思うんです。でも最近はいろいろ研究してオリジナルなものを作るということがどういうことか、ようやくわかるようになってきました。ハロプロ研修生の時は思考回路が単純というか、視野が狭くて自由に考えれなかったんですけど、今は例えば振付が揃ってなくても「それって個性だよね?」って考えられるようになった。振付を揃える方法は一つだけじゃないので、一つの問題を解決するためにするべきことって実は順序立てて考えればいいんだってことに気づいて、自分の中で引き出しが増えた気がします。

―ハロー!プロジェクト全体で言うと、今年は新鋭BEYOOOOONDSの躍進があったり、アンジュルムも変化とともにこれまで以上に注目を集めたりと、グループ同士の活動が活発になってきてると思いますが、モーニング娘。’19の一員としてはどうでしょう?

各グループで卒業と加入がある中で、モーニング娘。は2019年は新メンバー加入だけで卒業はないじゃないですか。そうじゃない部分で、もっと変わるべきところを見つけなきゃと思います。メンバー編成が変わるっていうのは、大きな変化の一つではあるんですけど、変わる方法ってそれだけじゃないと思うので。メンバーそれぞれどう変わろうとしてるのか私にはわからないですけど、私たちは14人いるわけですからまとまったら大きな力になりますよね。他のグループと比べて「変化」という点でも負けないようにしたいなと思います!




Photo by Yoko Yamashita

<INFORMATION>

加賀楓 モーニング娘。’19 ファースト写真集
『楓』
11月30日発売
仕様:A4判・全128ページ
メイキングDVD付き(約33分収録)
¥3,100(税込)
撮影:根本好伸
発行・発売:オデッセー出版
販売:ワニブックス

通常版


amazon限定版


http://www.helloproject.com/morningmusume/

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE