モー娘。加賀楓が語る、初写真集とロッキンと自己成長の話

加賀楓(モーニング娘。’19)(Photo by Yoko Yamashita)



ROCK IN JAPAN FESITVALのメインステージに立ってみて

ーRolling Stone Japan vol.06で「モーニング娘’19のライブの舞台裏」という特集をやったのですが、

これみんなで読みました!

ーありがとうございます!

皆さんこんなふうに考えてるんだ~と思って、すごく面白かったです!

―BiSHのリンリンさんにモー娘。のライブについて話を聞いたら、加賀さんの加入が発表された武道館の現場にいて大泣きした……っていうエピソードがあって、研修生時代から加賀さんのことを知っていてくれてたみたいで。

恥ずかしいです! BiSHさん大好きなので! 恥ずかしい……!

―モーニング娘。’19の2019年のハイライトの一つが、ROCK IN JAPAN FESITVALのメインステージ(GRASS STAGE)に立ったことだと思うんですよね。

めっちゃ緊張しました! GRASS STAGEに決まった時点ですごく嬉しかったんですけど、あれだけの規模のステージでライブをしたことがなかったので、未知数の部分もたくさんあって。リハーサルは順調に進んだとはいえ、本番前になって「どれくらいお客さんが来てくれるんだろう? もし少ししか入ってなかったらどうしよう?」って不安や緊張もあって、泣いちゃうメンバーもいたんですよ。

でも、いざステージに立ってみたら大勢のお客さんが集まってくださって、楽しくて終始ニヤニヤしてしまって。しかもあの気温! 私、汗はそんなにかかないほうなんですけど、かくこと自体はすごく好きなので、めっちゃ暴れて踊って汗だくになるんだ!という気持ちで、思い切りやりました。ステージの最後のほうは足も動かないくらいで、全力を出し切った達成感のあるライブでした。


Photo by Yoko Yamashita

―ステージから見る景色も凄そうですね。

ステージから見て端っこの方にグッズの売り場があったんですよ。何かのグッズを買い終わった後、走ってこっちに来てくれる女の子の二人組をたまたま見たんですけど、うれしかったです。「来てくれた!」って。

―しかもあの時はまだ15期メンバーはステージにいなかった。

はい。11人でしたね。

―そんな大舞台を経て、15期メンバーお披露目となった夏コンで14人体制のステージを観たんですけど、新しく入った3人が違和感なく溶け込んでいて驚きました。

でも、加入した当初は今考えると想像できないくらいダンスができなかったんです。先生や先輩からのアドバイスを聞いて、本人たちがすごく練習をして頑張ってくれたからだと思います。本番も緊張していたはずだけど、笑顔で踊っていたし。その結果、あそこまでの一体感になったのかなと思います。

―15期が入ったことでのケミストリーというか、そういう変化ってツアーを通して体感したりします?

MCで3人がしゃべってるのを見ると、印象ってどんどん変わってくるし面白いんですよね! 3人とも個性が強いというか天然なところもあって、小田(さくら)さんとかがツッコんでるのを見ると、ほんと面白くて。その相乗効果で元々いたメンバーの関係性も変わってきたりして、「新メンバーが入ってくるってこういうことなんだ!」って思いました。



RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE