モー娘。加賀楓が語る、初写真集とロッキンと自己成長の話

加賀楓(モーニング娘。’19)(Photo by Yoko Yamashita)



初のグラビア撮影の感想は?

―初のグラビア撮影の感想は?

パンフレットの撮影の時はアイドルっぽく可愛くピースしたりとか、そういうポーズが多かったので、グラビアの時はどうしたらいいんだろう?と最初は思いました。写真集をたくさん出してる譜久村(聖)さんや牧野(真莉愛)さんとか見てると、こういう撮影の時に目線をどこにやればいいのかがすぐ分かるんですよ。自分は一つひとつ教えてもらいながらやりました。


Photo by Yoko Yamashita

―浴衣を着たカットもあるんですよね。

写真集で浴衣っていうのもなかなかないですよね。しかも沖縄で。

―全部が初めて見る加賀さんです!

私も初めて見ます(笑)。

―ステージの上とはまったく違う世界ですけど、表情の作り方とかポージングの部分で何か刺激はありましたか?

可愛い顔よりもカッコいい顔のほうが得意で自分でも好きなので、ライブではそっちの顔が多いんですけど、写真集の撮影では自然体っていうんですかね。その表情が新しかったです。「自然に笑って」って言われて、いざやるとなるとなかなか難しくて。

―カメラマンの根本好伸さんはハロー!プロジェクトまわりの写真集をたくさん撮られているベテランの方ですよね。

私が慣れていないということもあって、ポージングや表情などたくさん教えてもらいました。フィッテングの時も衣装の話とかいろいろとさせてもらって、初めてお仕事でご一緒させていただいたんですけど、この撮影を通して距離が縮まった気がします。

―ちなみにモー娘。の他のメンバーは写真集を見ました?

はい。みんなで一斉に見てたんですけど「このカットいいね!」ってたくさん言ってもらえました(笑)。そのなかでも表紙の水着のカットが特に反応がよくて、スタッフさんも自分も気に入っていたので即決で表紙に決まったんです。フロントの編み(レースアップ)がすごく可愛くて(amazon限定版に使用された表紙カット)。


Photo by Yoko Yamashita

―女性のセクシーさってカッコいい感じもあれば、甘い感じもあるけど、加賀さんが考えるセクシーさってどういうものですか?

男性じゃなくて女性じゃないと表現できないものってめちゃめちゃあると思ってて、そのなかでも私は目ですかね。女性らしさっていろんなところに出ますけど、女の子には女の子にしかできない目の形があるんです。瞳の色も人によってそれぞれ違って。モーニング娘。のメンバーのいろんな生写真や写真集を見る時も私は目を見てます。その人の視線を写真で感じられるのが一番好きというか、私にとっては目が女性らしいところだなと思います。顔の向きとは逆に視線を送ったりとか、そういうのを見るのが楽しいです。

―モー娘。メンバーの目もそれぞれ違いますよね。

譜久村さんはそれこそ色っぽい目だと思うし、石田(亜佑美)さんは一言で表すと可愛らしい目ですし、佐藤(優樹)さんはすごく鋭い気がするんですよね。目の形状的にも性格的にもシャープな感じというか、鋭い目の持ち主だと思います。

ー二十歳の誕生日に発売される写真集ですけど、そういう意味でも特別なものになったんじゃないですか。

撮ったのは誕生日(11月30日)の前だから、撮影中は二十歳という感覚はそんなになかったんですけど、そんな時期の自分を今後も楽しんでもらえればと思います!

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE