中川翔子インタビュー「もしかしたら5年どころか人生丸ごと詰まっているかもしれない」

約5年ぶりのアルバムをリリースする中川翔子

中川翔子が、12月4日(水)に約5年ぶりの新アルバム『RGB ~True Color~』を発売する。この5年間で携わってきた多数のタイアップ曲に加え、YouTuberスカイピースとのコラボ曲や、中川の父が残した歌詞を用いて作詞した楽曲も収録される。アルバムについて、そして彼女のこれからについて話を聞いた。

─『RGB ~True Color~』は5年ぶりのアルバムとなりますが、中川さんにとってこの5年間はどんな期間になりましたか?


中川:5年間というと、日々の感覚も変わる長い時間ですよね。シングル『blue moon』を3年半ぶりにリリースした時も、すごい怖かったんです。ずっと歌を大事にしたいと思いつつ、続けて出すことが難しくて一度止まっちゃったのが悔しかった。でも、ずっと諦めたくはないなと思っていました。30代からは舞台に挑戦したり、NHKの令和特番に出たり、お仕事の幅が広がって。その分、歌から遠ざかってしまっているんじゃないかと悩みました。でも、久しぶりのシングルリリースの時に、久しぶりの方、初めましての方、沢山の子どもたちと親子連れの方が来てくれて。「しょこたんのコンサートで出会って子どもが産まれてこんなに大きくなったよ」って連れてきてくれた方もいたし、子どもたちがラプンツェル好きとか、ポケんち(中川が出演するテレビ番組『ポケモンの家あつまる?』)好き! とか言ってくれて。むしろ新しい世界に繋がっていたんだと思うと、音楽活動をしたいと言う気持ちから遠回りはしたのかもしれないんですけど、今までやってきた事全てに意味があったと思えて、すごく感慨深かったんです。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE