イノシシの群れがコカインの包みを発見し、森中にまき散らす

イタリアでイノシシの群れが、約2万2000ドル相当のコカインの包みを掘り起こした。(Photo by FLPA/Fabio Pupin/Shutterstock)

イタリアのトスカーナ東部の森で野性のイノシシが、コカインの包みを嗅ぎ当て、掘り起こし、さんざん荒らしたと、ニュースサイトThe Localイタリア版が伝えている。

問題の包みは2万ユーロ(約2万2000ドル)相当とみられ、警察が目をつけていた麻薬取引集団がモンテプルチアーノの町にほど近い森の中に保管していたものだという。警察が盗聴器で会話を傍受していたところ、イノシシがコカインを掘り起こし、森中にまき散らしたと(麻薬団が)不平をもらしたそうだ。

ニューズ・ウィーク誌によると、昨年21歳のアルバニア人の女性が殺害されたのを受け、麻薬取引業者の捜査が始まった。警察当局は最終的に、イタリア中部の複数エリアを股にかける麻薬取引ネットワークを突き止めた。密売人らは月に4ポンド(約2キロ)ほどのコカインを売り捌き、1グラム当たり90~120ドルで取引していたという。

この偶然のコカイン押収に何頭ぐらいのイノシシが関与したのか(30~50頭だと良いが)、突き出た鼻でどうやって麻薬を嗅ぎ当てたのかについてはわかっていない。

ガーディアン紙も最近報じているように、イタリアではイノシシの被害が年々増加し、農地を荒らしたり、人間を襲ったり、イノシシが原因で年に数千件もの交通事故が発生している(1月から9月までの間にイノシシとの衝突で13人が死亡したという)。あまりの事態に、今月上旬にはイタリア国内の農家がローマへ出向き、政府にイノシシ対策を陳述したほどだ(ジェイソン・イズベルの話題に出てくるこの男性に、アドバイスを求める人がいないことを祈ろう)。

Translated by Akiko Kato

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE