ビリー・アイリッシュ、グリーン・デイのビリー・ジョーと対面「アドバイスは信じない」

左からビリー・ジョー・アームストロング、ビリー・アイリッシュ(Photo by Brad Ogbonna for Rolling Stone)



ビリー・ジョーが語るツアーのプレッシャーを乗り切る術

アイリッシュ:ビリー・ジョー・アームストロングが観に来てるって知ってたから、あの時はいつになく集中できたの。でも観てくれたのがあのショーで良かった。ひどいやつじゃなくてね。

アームストロング:ひどいショーもあるのかい?

アイリッシュ:そんなには悪くないけど……。

アームストロング:それでいいんだよ。

アイリッシュ:私の足りない脳みそが「あのショーはクソだった」って決めつけちゃうの。

アームストロング:ライブをたくさんやってると、それが日常の一部になる。来る日も来る日も別の会場で演奏する。そういう中でひどいショーをやってしまった時は、休暇を取ったと思えばいいのさ。すごく集中できる時もあれば、やっつけっぽくなってしまうこともある。そういうもんだよ。

ー ビリー、あなたはツアーのプレッシャーを乗り切る術をどうやって身につけましたか?

アームストロング:感謝の意味を知ることで、俺は変われたと思う。俺の人生がまるで違う方向に進んでしまわなかったのは、ライブに来てくれる人々のおかげさ。でも今じゃひどいライブをやっちまっても、あんまり気にしないんだ。何もかもがうまくいくはずなんてないんだよ。ステージで声が全然出なかったり、ギターがぶっ壊れることだってある。マイク(・ダーント/Ba)のことがムカつく時もあるし、やつが俺に腹をたてることもある。トレ(・クール/Dr)からドラムスティックを投げつけられる時だってあるよ。

でもさ、それって俺がパンクに惹かれた理由のひとつでもあるんだよ。未熟でなんぼっていうかさ。華麗にゴミを出そうとするようなもんなんだから。無様でいいと思うんだよ。君はステージでオーディエンスに向かって、完璧でなくていいって感じのことを言ったけど、すごく響いたよ。

アイリッシュ:私はこう言ったの。「みんな醜いけど、それでいいの」

アームストロング:そうだっけ?

アイリッシュ:嘘。ちょっとからかっただけ。

アームストロング:「自分がイカれてると思うなら、あなたは正常」みたいなことを言ったと思うんだ。俺自身よくそんな風に思うし、多くの人がそういう結論にたどり着くと思う。「wish you were gay」は素晴らしい曲だけど、多くの人があの曲を聴いて救われるんじゃないかと思うんだ。マジでさ。



アイリッシュ:ウォールペーパーにするぐらい憧れてた人からそんな風に言われるなんて、何だか信じられない。

アームストロング:俺の写真を?

アイリッシュ:そう、携帯の待ち受け画像にしてたの。

アームストロング:ああ、そっちのウォールペーパーか。嬉しいな。

Translated by Masaaki Yoshida

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE